選手名鑑

相川 亮太 (館山総合)

応援メッセージを投稿する!
相川 亮太

相川 亮太pro2018

都道府県:
千葉
高校:
館山総合
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
 
体重:
 
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
試合レポートから抜粋
 昨秋、登録人数9人ながら県大会まで勝ち進んだ館山総合。そのエース・相川 亮太は、八千代松陰戦で延長12回を1人で投げ抜いた。182センチの長身からキレのあるストレートがプロのスカウトの目に留まり、初戦となった大多喜戦では、NPB6球団が視察に訪れていた。

 そして6回表、相川が登板する。すると、各球団のスカウトがスピードガンとビデオカメラを取り出し、視察モードに入った。絶対的エースといっていい相川が勝てば県大会出場が決まる試合で先発ではなかった理由を説明すると、3月初めに肩、ひじを痛めてしまい、しばらく登板ができなかった事情がある。最後の登板になったのは、3月下旬。それまで極力投げずに、調整を続け、半ばぶっつけ本番でこの試合に臨んだのだ。

 しっかりと投げられるかわからない相川に対し、エースナンバーを任せ、さらにリリーフ登板を決めていた館山総合の高田監督は、「まず背番号『1』は彼が頑張ってきた証。意気を感じてくれると思いましたし、大事な試合でしたから、絶対に投げる伝えていました」
指揮官の意気に相川は応えた。相川は左オーバーから直球中心の投球。ストレートのスピードは常時128キロ~135キロと決して速いわけではないのだが、回転数が高く、角度あるストレートは魅力。120キロ前後の縦横のスライダー、110キロ前後のカーブも決まる。7回表、大多喜の同点打を浴びたが、気持ちは途切れるなく、必死に腕を振った。エースを援護すべく、7回裏、館山総合は敵失などで2点を勝ち越し、8回裏にも1番早川 拓輝(3年)の適時打で6対3と点差を広げる。

 そして相川は計4イニングを投げ、被安打5、4奪三振、無四球、79球の好リリーフで、秋に続き、県大会出場を決めた。相川は登板後、「調子は良くなかったですし、いつも通りのストレートは投げることはできなかったのです。ただ、周りのみんなも守備が秋に比べてうまくなっていたので、打たせて取ることを心掛けて投げることができました」と自身の投球を振り返った。

 相川の言葉通り、投球フォームを見ると、頭が突っ込みがちで、しっかりとトップを作れないままリリースに入り、押し出すような投球になることがあった。実戦から離れていたというのもあるだろう。

 館山総合は部員10人のうち、3人が助っ人部員で、正規部員7人しかおらず、冬の期間は7人だけで冬を送ってきたという。だから投手メニューに専念できるほどの環境ではなく、野手練習の割合が多かったそうだ。

 逆に言えば、環境面が恵まれていない中でも、これほど切れのあるストレートを投げ込むのだ。本格的な環境で練習をすれば、どんな投手になるのか。楽しみなダイヤの原石なのである。

 4月28日から始まる県大会、そして夏の大会は相川の野球人生を占う意味でも大事な大会となる。
将来の可能性
 本格的な環境に打ち込んでいないので、いざ飛び込んだらついていけるか不安なところがある。ただ、段階をあげて強度を上げていければ、いずれ化ける選手になれると思う。ただそれは生易しいものではない。 かなり苦しいと思うこともあるだろう。 ただ相川の素質にほれ込み、大成してほしいと思う方は本人の想像以上に多いということ。そういう人の存在を忘れず、本気で野球に取り組み、逃げずにレベルアップしてほしいと思う。
情報提供・文:2018.10.16 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
館山総合vs大多喜【千葉県 2018年春の大会 千葉県大会 一次予選】
銚子商vs館山総合【千葉県 2016年秋の大会 千葉県大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板