高校野球ドットコム

卒業生
広瀬 直紀

広瀬 直紀(山梨学院)

都道府県:
高校:
学年:
2013 年卒
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
180 cm
体重:
73 kg
データ最終更新日:2012年2月11日

寸評

 山梨学院のエース・広瀬 直紀。筋の良いフォームから投じる球威あるストレートは魅力的。八幡商には打ち込まれたが、将来性はこれとは別。彼がこの1年で高卒プロにふさわしい投手に成長するか注目してみたいものがあった。

(投球スタイル)
ストレート マックス139キロ
常時130キロ~135キロ
スライダー 115キロ前後
カーブ 115キロ前後
チェンジアップ 110キロ前後
 真っ向から振り下ろすストレートは威力があり、筋のよさを感じさせる。だがランナーを置いてからのストレートにはキレが感じられず、置きに行くストレートも多くなっている。そのためコースを突いても打たれてしまう欠点がある。スライダー、カーブ、チェンジアップ。変化球の切れは悪くないし、特に振り下したフォームから投じるチェンジアップの落差はかなりのもので、空振りを奪える。高校2年生左腕でこれほどのレベルに達している投手はそうはいない。

 秋では間違いなく打たれ難い投手になると思われるが、課題はストレートのコントロールや波が大きい投球だろう。彼は打たれない時は打たれる予感がしない。打たれて初めてからの淡白な投球。自分の間で投げることが出来ずに、打者の間合いに合わせて甘いコースへ投げてしまっている。

 順調にいけば140キロ台中盤を記録する左腕に成りそうだが、本当に勝てる投手になるようなるには取り組まなければならない課題は多そうだ。ただ彼が勝てないのは彼だけではなく、チーム全体の課題ともいえる。もっとうまく試合運びしてもいいのではないか。見ていて勿体ないプレーが多い。

(クイックタイム・フィールディング)
 クイックタイムは1.4秒~1.5秒前後と遅い。時折、速いクイックも入れるが、どこまで意識してやっているかは微妙。牽制も適度に入れるが、あまり上手いタイプではないように見えた。フィールディングの動きは普通で、そこまでのキレを感じなかった。投球以外の技術はまだ課題が多い。

(配球)
・右打者
外角中心にストレート、スライダーを投げ分けていく配球。インローにも厳しく投げることはできているし、打たれた球もその厳しい球を打たれており、内容としては決して悪くない。
・左打者
外角中心にストレート、スライダーを投げ分ける配球。厳しく突くことはできているし、左打者の攻めは悪くない。

両サイドに投げ分けるコントロールは悪くないし、変化球の切れも良い。内容としてはさすが好投手と感じさせるものはある。ただランナーを置いてから打者の呼吸に合わしてしまうところがあり、コースを突いても打たれてしまっている。それを見て投球の間を意識し、状況を見て投げるような投手ではなかった。あとランナーを置いてから置きに行くストレートが多い悪くもないけど、さて考えて投球しているかというとそうでもない。その傾向を抜けださないと能力はアピールしても一段階上にはいけない。

(投球フォーム)

 ワインドアップから入る。右足を回しこむように上げていき、左足はしっかりと立つ。右足を二塁方向へ送り込んでいき、捻転動作を維持したまま、お尻を落として着地する。しっかりと溜めが効いたフォームをしており、キレの良い変化球、ストレートを投げる素地を秘めている。

 右腕を斜めに伸ばしていき、開きを押さえていく。テークバックは内旋して、しっかりとトップを取っていき、リリースに入る。打者よりで離す意識は見られるが、強く腕を振ることが出来ている。山梨大会決勝では実に自然に腕を振ることが出来ていたのに、甲子園では全く腕が振れておらず、不自然な腕の振りになっている。それが思うようなストレートを投げられずに打ちこまれた要因になった。

 土台の良いフォームをしているが、真上から振り下すフォームのため、リリースまでに狂いが生じるとバランスを悪くしてしまい自然に腕を振れない欠点がある。ほんのちょっとした差で打ちこまれる。良い経験をしたと思う。

将来の可能性

 高校2年生で常時130キロ中盤の速球が投げられ、3種類の変化球を投げられる技術。左腕としては高いレベルにあり、これが130キロ後半~140キロ前半をコンスタントに投げられるレベルに達するとかなり面白い左腕に成りあがりそうな感じはするが、良いボールを投げても打たれる傾向を直さないと上のレベルでも厳しい。

 投球以外の技術も低く、課題は多い。技術的には悪くないので、投球フォーム、投球術、細かい技術、リズムを意識してもらいたいと思った。自分なりのリズムを掴んでいくとドラフト候補として意識できる投手に成長するのではないかという期待はある。

 既に関東屈指の左腕として評されていてもおかしくない素材。ぜひ今年は小林 義弘と共にドラフト指名候補として注目される活躍を見せることを期待している。

情報提供・文:2012.02.14  河嶋 宗一
  • 2012 年 2 月

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事