高校野球ドットコム

卒業生
小園 海斗

小園 海斗(報徳学園)

都道府県:
高校:
学年:
2019 年卒
ポジション:
遊撃手
投打:
右/左
身長:
178 cm
体重:
79 kg
データ最終更新日:2018年10月3日

短評

観戦レポートより抜粋(2018年8月11日
 報徳学園の1番、小園 海斗(3年)が「ドラフト1位候補」の名に恥じない活躍をした。バッティングから紹介すると、安定して打てる選手に共通する〝ゆったりとした間(ま)″をすでに持っている。早いタイミングで前足を上げ、これをしばらく滞空させてステップするタイミングを計るという形。

 バットを持つ腕の動きにも見どころがある。グリップの位置が最初耳のあたりにあり、これを肩の下まで下げてトップと言われる状態を作るのだが、グリップが耳のあたりにあるときその手がダラダラと上下動して一定しない。この「ダラダラ」という動きがミソである。似たタイプを探せば中村晃(ソフトバンク)が近いだろうか。ダラダラした動きで上半身の固さをほぐし、脱力を図っているのだとすぐわかる。

 第1打席は衛藤 慎也(3年)が投じた146キロのストレートを鋭く打ち返してレフト前ヒット、と思っていたら何と二塁を陥れ、二塁打にしてしまった。このときの二塁到達タイムが7.57秒。これは私が今年計測した中で3番目の速さだ。これで驚くのはまだ早い。第2打席ではスライダーを打ってセンターの頭を越える二塁打を放ち、このときの二塁到達が7.76秒、そして第4打席では外角への142キロを捉えて左中間を真っ二つに破る二塁打を放ち、二塁到達は7.71秒。1試合で3本の二塁打を見るのも稀だが、そのタイムが7.5~7.7秒台に集中することのほうが私には驚きだ。

 守備も凄い。走者がいないときの小園はだいたい土と芝生を分けるラインのあたりか、その後ろ、つまり芝生のあたりで守っている。聖光学院の好遊撃手、田野 孔誠(3年)の守備位置を見るとたいてい土の部分で守っている。その差は2メートルくらい。この守備位置が深い分だけ広い打球範囲に対応することができる。

 これらの走攻守を見て、小園が来るべきドラフト会議で1位指名されることをほぼ確信した。通路を行く広島の苑田聡彦・スカウト統括部長に「小園は凄いですね」と言うと、顔をくちゃくちゃにして通り過ぎて行った。もちろん、「俺もそう思うよ」というサインだと思う。

情報提供・文:2018.08.11  小関 順二

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事