選手名鑑

齊藤 大輝 (横浜)

応援メッセージを投稿する!
齊藤 大輝

齊藤 大輝

都道府県:
神奈川
高校:
横浜
学年:
2019年卒
ポジション:
二塁手
投打:
右/右
身長:
178cm
体重:
72kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 今年の横浜の中で、総合力ナンバーワンの選手といえば齊藤 大輝だろう。本塁打を打てる長打力、トリッキーなプレーを見せる二塁守備、さっそうと駆け抜けるベースランニングと、すべてにおいて高いレベルを誇る二塁手だ。

(打撃)
 広角に打ち分ける打撃技術の高さが光る選手。また、勝負所と劣勢になるほど力を発揮する頼りになる選手だ。
 スタンスはスクエアスタンス。グリップを肩の位置において、バットを立てる。下半身を見ると、歩幅を狭め、棒立ちのように立つ。齋藤からすればこれが脱力しやすい構えなのだろう。投手の足が下りたところから始動を仕掛けていき、すり足気味に左足を上げてタイミングを取る。また、これは横浜の打者にみられる動作なのだが、タイミングを取るときにヘッドを投手方向に向けてトップを作る。齋藤からすれば、この動作は「遊び」で、これをやることでスムーズにバットを使いやすいのだろう。ただ振り遅れしやすいデメリットもある。現にタイミングが遅れ、振り遅れの三振、ボールを見極めできず、高速の縦変化のボールに対応できないこともあった。
 ただ齋藤は打席によってその捻りを小さくしたりするなど工夫が見える。花咲徳栄戦の適時打もそういう工夫が見えた。木製バットになるとはじめは苦しんでも徐々に対応はできる選手ではないだろうか。
 スイング軌道を見ると右ひじをうまく使い、最短距離でインパクトを迎え、ボールを捉えることができている。腰の回転も素晴らしく、一連の動作は実にスムーズ。ヘッドが投手方向に向けすぎなところは気になるが、高レベルな打撃を実現できている。


(守備)
二塁守備は右、左問わずに軽快に動くことができており、無駄がない。またとっさにグラブトスしたり、バックハンドしたりと判断も的確で、センスの良さを感じる。大学に進んでも十分にセンターラインを担える守備力を持った選手といえるだろう。
将来の可能性
走攻守ともに高く、高校生レベルでは文句のつけようのないセカンド。ただ高卒プロとなるとさらにもう一押し欲しい選手だった。それでも、大学に進めば、即戦力で活躍できる基礎技術は備わっており、4年後には上位候補として推される野手になることを期待したい。
情報提供・文:2018.08.21 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
金足農vs横浜【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
横浜vs鎌倉学園【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
横浜vs星槎国際湘南【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
横浜vs逗子開成【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
横浜vs常総学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
横浜vs土浦日大【2018年 練習試合(交流試合)・春】
木更津総合vs横浜【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
横浜vs明秀学園日立【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
横浜vs桐光学園【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板