高校野球ドットコム

卒業生
鈴木 駿輔

鈴木 駿輔(聖光学院)

都道府県:
高校:
学年:
2017 年卒
ポジション:
投手・中堅手
投打:
右/右
身長:
182 cm
体重:
75 kg
データ最終更新日:2016年8月6日

短評

観戦レポートより抜粋(2016年8月17日
 選手を見て嬉しいことは、自分のイメージ以上の活躍を見せること。聖光学院鈴木 駿輔。春の東北大会では野手に専念していたが、実は投手も務めており、投手としては、130キロ前半のストレートを投げられるが、制球力が甘く、どちらかというと野手としての才能を評価されていた選手である。4番に座るのも本塁打を打てる長打力があるからである。甲子園に入っても強打の野手として活躍を見せているが、春の時のイメージを知っているので、2試合で得点を奪っている東邦打線をわずか2失点に抑える力投を見せるのは全く想像ができなかった。

 甲子園のマウンドに立った鈴木は春先とはまた別人の内容であった。立ち上がりから140キロ台を連発。春先と比べても想像以上にボールが走っている。東邦打線が差し込まれていた。投手としての登板は春の県大会以来。逆にそれほどブランクがあったというのが良かったのだろう。今やすぐに情報が伝わる世界。鈴木駿の先発は驚きだっただろう。その投手がかなり角度のある140キロ台のストレートを投げ込むのだ。戸惑わないはずがない。

 鈴木駿は、135キロ~140キロ前後の速球を強気にインハイへ投げ込むことができていたこと。投手は低めに集めることが大事というが、鈴木駿の場合、ほとんどのボールが高い。ただ東邦は全体的にローボールヒッターが多く、弧を描いてスイングする選手が多く、インハイに対して窮屈になる。外角球を気持ちよく振り抜いていたこれまでの2試合と違って、自分たちの強みを消された試合だったかもしれない。

  8回裏、藤嶋 健人に適時二塁打を打たれ、2点目を取られるが、9回裏も相手の大応援に屈することなく、強気な攻めを繰り返し、2失点完投勝利を収めた。

 今日の角度あるストレートは、まさに見応えがあり、野手としての才能も評価していたが、投手としても、面白い素材として映った。投球を見るとコントロールはアバウトだが、そのアバウトさを補う球威が鈴木駿にあった。次のステージで投手を続けるならば、自慢のストレートに磨きをかけていきたい。

情報提供・文:2016.08.17  河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事