高校野球ドットコム

選手名鑑

松澤 龍樹 (国士舘)

応援メッセージを投稿する!
松澤 龍樹

松澤 龍樹

都道府県:
東京
高校:
国士舘
学年:
2017年卒
ポジション:
捕手
投打:
右/右
身長:
174cm
体重:
83kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 旧チームから背番号12をを付けながらも、スタメン出場していた選手。攻守に存在感のある、雰囲気のあるプレーヤー。

(第一印象)

 2016年度の東京都を代表する捕手として、これからクローズアップされることが期待される存在だと思います。

(ディフェンス面)

 身体を小さく屈めて、ミットをしっかり示します。グラブを地面に下ろす癖がないので、ワンバウンド処理などにも立ち遅れません。少々低めの球に対し、上からミットを被せに行ってしまうことが多いので、そのへんが気になるところ。

 残念ながら夏の予選を見た時は、スローイングの場面は見られず。プレーを見ている限りは、送球も強く地肩も強そう。中学時代の映像を見つけたのですが、その時は中学生だったので、それほど強肩という感じはしませんでしたが。

(打撃内容)

 旧チームでも6番を任されるなど、打撃でも一定の信頼感を得ていたのでしょう。足を大きく引き上げて打ちにゆく、思いっきりの好いスイングが魅力。

<構え> ☆☆

 前の足を軽く引いて、グリップは高めに添えて脇を閉めて構えます。腰があまわり据わらず、両目で前を見据える姿勢もいまいちで、全体のバランスとしてもどうでしょうか?

<始動> 平均的

 投手の重心が沈みきったあたりで動き出す、平均的なタイミング。ある程度の確実性と長打力をバランスよく兼ね備えた、中距離打者やポイントゲッターが多く採用する始動。


<下半身> ☆☆☆

 足を大きく引き上げて、軽くベースから離れ方向に踏み出すアウトステップを採用。始動~着地までの間はそこそこで、速球にも変化球にもそれなりに対応。アウトステップするように、内角に意識があるのがわかる。踏み込んだ足元も早く地面から離れるので、センターからレフト方向へ引っ張る打撃を好むのではないのでしょうか。

<上半身> ☆☆☆

 打撃の準備であるトップを作るのが遅れがちで、速い球への対応が課題か。それでもバットは上からミートポイントまでロスなく振り下ろされ、内角を上手くさばくことができている。バットの先端であるヘッドも下がらずに、コンパクトに振り切るスイング。外角よりも、内角を上手くさばけるスイングになっている。

<軸> ☆☆☆

 足の上げ下げは大きい割に、目線の上下動はそれほど大きくはありません。踏み込んだ足元が早く地面から離れるので、開きは早めに。軸足も少し前に傾くなど、体が突っ込まないように注意したいもの。
最後に
 攻守に思いっきりの良さがある選手で、大胆なプレーが魅力。まだまだ粗っぽい部分はあるものの、将来が楽しみな選手です。ぜひ一冬越えて、どのぐらい成長しているのか、確認したいですね。2016年度の東京を代表する捕手として、覚えておいて損のない選手ではないのでしょうか。
情報提供:2015.12.17
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
早稲田実業vs国士舘【東京都 2016年夏の大会 第98回選手権西東京大会】
国士舘vs都立杉並工【東京都 2016年夏の大会 第98回選手権西東京大会】
日大鶴ヶ丘vs国士舘【東京都 2016年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
佼成学園vs国士舘【東京都 2015年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs都立豊多摩【東京都 2015年秋の大会 東京都大会 ブロック予選】
東海大菅生vs国士舘【東京都 2015年夏の大会 第97回選手権西東京大会】
国士舘vs世田谷学園【東京都 2015年夏の大会 第97回選手権西東京大会】
帝京vs国士舘【東京都 2015年 春季東京都高等学校野球大会】
国士舘vs都立広尾【東京都 2015年 春季東京都高等学校野球大会】
国士舘vs修徳【東京都 2015年 春季東京都高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板