選手名鑑

天本 昂佑 (秀岳館)

応援メッセージを投稿する!
天本 昂佑

天本 昂佑pro2016

都道府県:
熊本
高校:
秀岳館
学年:
2017年卒
ポジション:
左翼手
投打:
右/右
身長:
182cm
体重:
82kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 夏の甲子園常葉菊川戦(観戦レポート)では、4安打の固め打ち。それでいて次のいなべ総合戦(観戦レポート)では、走者を進塁させるなどチームバッティングに徹するなど、状況に応じたプレーができる。

(ここに注目!)

 右に左へと強い当たりが打てるのが魅力で、ドラフト会議に向けてプロ志望届けを提出しました。

(守備・走塁面)

 一塁までの塁間は、多少緩めて4.6秒台前半。全力で走り抜ければ、4.5秒ぐらいでは走れるのではないのでしょうか。もしそうだとすると、左打者の4.25秒前後に相当し、プロレベルだと中の下ぐらいの脚力だと考えられます。夏の熊本予選の5試合でも、盗塁はありません。走力を全面に出す、プレースタイルではないのでしょう。

 左翼手を守っていますが、けして落下点までの入り方などに危なっかしさは感じません。地肩も平均レベルはありそうで、際立つものはありませんが無難に守れる守備力はあります。

(打撃内容)

 緒戦の常葉菊川戦では、7番で出場。しかし4安打を放ったことで、いなべ総合戦では5番打者に昇格していました。少し粗い部分があり、その辺が下位打線に留まっていた理由ではないのでしょうか。

<構え> ☆☆☆☆ 4.0

 ほぼ両足を揃え、グリップの高さは平均的。腰を深く沈めどっしり感があり、全体のバランス、両眼で前を見据える姿勢も悪くありません。

<始動> 遅すぎ

 投手の重心が下がったときに、動き出しベース側につま先立ちします。本格的に動き出すのは、投手がリリースを迎えるころ。ここまで遅いと、日本人の筋力やヘッドスピードだとプロレベルの投手の球を木製バットで打ち返すのは至難の技。もしこの動きでタイミングを取りたいのならば、気持ち始動を早めた方が良さそうです。

<下半身> ☆☆ 2.0

 始動~着地までの間がほとんどないので、どうしても打てるポイントが点になってしまいます。こうなるとあらかじめ狙い球を絞り、その球を逃さないことが求められます。

 しかし踏み込んだ足元が、インパクトの際にブレてしまいます。開きを充分我慢できないので、外角の厳しい球や低めの球に対し、壁をキープできずに崩れてしまいます。

<上半身> ☆☆☆☆

 打撃の準備であるトップの形を作るのは自然体で、ボールを呼び込むときに力みは感じません。バッとの振り出しも、上からミートポイントもロスが少ないのは良いところ。多少ヘッドが下がり気味になることはありますが、許容範囲だと考えます。

<軸> ☆☆☆

 足の上げ下げは小さいので、それほど目線の上下動は大きくありません。身体の開きが我慢できないのは気になりますが、軸足は大きく崩れていないのが救いでしょうか。
将来に向けて
 守備・走塁にアピールできるほどのものはなく、打撃でもまだ粗っぽい部分が残ります。そういった意味では、高校からのプロ入りは厳しいかとは思っています。しかし強打者タイプにしては、スイング軌道に悪い癖がないのは良いところ。下半身とのバランスが取れてくると、強打者としての才能が研ぎ澄まされて来るのではないかと期待しています。これからも貪欲に、高みを目指して欲しい選手でした。
情報提供:2016.09.23
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
東邦vs秀岳館【2016年 第71回国民体育大会 希望郷いわて国体2016】
北海vs秀岳館【第98回全国高等学校野球選手権大会】
秀岳館vs常総学院【第98回全国高等学校野球選手権大会】
秀岳館vsいなべ総合【第98回全国高等学校野球選手権大会】
秀岳館vs常葉菊川【第98回全国高等学校野球選手権大会】
大分vs秀岳館【2016年春の大会 第138回九州地区高等学校野球大会】
高松商vs秀岳館【第88回選抜高等学校野球大会】
秀岳館vs木更津総合【第88回選抜高等学校野球大会】
秀岳館vs南陽工【第88回選抜高等学校野球大会】
秀岳館vs花咲徳栄【第88回選抜高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板