高校野球ドットコム

選手名鑑

近久 輝 (東邦)

応援メッセージを投稿する!
近久 輝

近久 輝

都道府県:
愛知
高校:
東邦
学年:
2017年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
176cm
体重:
70kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 現在、東邦の控え投手の立場だが、ストレートは藤嶋 健人以上と絶賛される好投手。が、経験値が低く、青森山田戦ではほろ苦い投球に終わった。

(投球内容)

 テイクバックが大きいフォームから繰り出す140キロ台の直球がウリ。が、テイクバックが大きい力投派はコントロールを乱しやすい傾向にある。特に経験が少ないとなおさら。こういうフォームの投手でも、エース格として活躍する投手はいる。が、場数を踏んでいるか、踏んでいないか。公式戦の内容を見ると場数を踏みにくい。東邦のような強豪校となるとなおさら。しかし全国制覇を目指すためにキーマンとして期待されるだけに、1つ1つの実戦舞台が勝負になっていくだろう。
 ストレートは常時130キロ後半(最速143キロ)。何度も最速143キロをたたき出しており、ストレートのスピードはエース藤嶋に引けを取らないレベルにあり、一冬越えて、常時140キロ中盤~145キロを目指したいところ。変化球は110キロ前後のカーブ、120キロ前後のスライダーで攻めていくが、まだ絶対的な変化球はまだなく、この春へ向けて絶対的な変化球を見出していきたいところお。
 じゃあコントロールかということになるが、今の段階では細かいコントロールよりもマックスの力をしっかりと攻められるようになって1人1人の打者を抑えていきたいところ。

 クイックは1.1秒~1.2秒前後と非常に早く、基準以上のクイックができている。牽制もそつなく入れる。

(投球フォーム)

 ノーワインドアップから始動する。左足を高々と上げていきながら、右足の膝を適度に曲げていきながら立つ。足の上げ方は力むことなく立つことができている。左足を遊撃方向へ伸ばしていきながら、重心を少しずつ下げていき、左足の着地をしていきながら、左腕のグラブはすぐに開いており、打者から正対するのが早い。トップに入ったときは完全に見えた状態になっている。
 
 テイクバックの動きを見ると、かなり大きく。しっかりと距離を取って、思い切り良く投げていくので、これが140キロ台を生み出しているといえるが、肩甲骨をうまく使わないまま、右ひじを下げたフォームになると、肩、肘への負担が大きくしてしまうので、肩甲骨をうまく使うことを意識していきたい。

 最後のフィニッシュを見ると、踏み込んだ足は突っ張ってしまい、うまく体重ができていない。恐らく久しぶりの登板ということもあってフォームのバランスを崩していたと考えられる。特にリリースの時の力みが目立った。いかなる時も平常心で投げることができるか。これは自分自身が強くなっていくしかない。
将来の可能性
 冬のトレーニングがうまくマッチすれば、十分に145キロは期待できる投手。が、本人がこだわっているのは試合を作れる投手になること。選抜出場が実現すれば、勝ち上がるためのキーマンになるはず。次こそは、自信を持った姿で全国の強豪に立ち向かってほしい。そんな姿を見せれば、次のステージでプレーできる可能性はぐっと高まるだろう。
情報提供・文:2016.01.03 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
広島新庄vs東邦【2016年 第71回国民体育大会 希望郷いわて国体2016】
東邦vs秀岳館【2016年 第71回国民体育大会 希望郷いわて国体2016】
聖光学院vs東邦【第98回全国高等学校野球選手権大会】
東邦vs八戸学院光星【第98回全国高等学校野球選手権大会】
東邦vs北陸【第98回全国高等学校野球選手権大会】
東邦vs愛工大名電【愛知県 2016年夏の大会 第98回選手権愛知大会】
中京大中京vs東邦【愛知県 2016年春の大会 春季愛知県大会】
明石商vs東邦【第88回選抜高等学校野球大会】
東邦vs関東一【第88回選抜高等学校野球大会】
青森山田vs東邦【2015年 第46回明治神宮野球大会】

コメントを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板