選手名鑑

井口 和朋 (武相)

応援メッセージを投稿する!
井口 和朋

井口 和朋

都道府県:
神奈川
高校:
武相
学年:
2012年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
174cm
体重:
76kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
昨年から骨格が太い体型から力強いストレートを投げ込む本格派だった武相井口 和朋。順調に行けば140キロ超えが期待できる本格派として紹介したが、この夏で期待以上の成長を見せ、常時140キロ超えの本格派右腕に成長した。プロ入り、否かは微妙な立ち位置にあるが、いずれにしろ将来は楽しみな投手であることは間違いないだろう。

(投球スタイル)
ストレート マックス145キロ
常時130キロ後半~143キロ
スライダー 125キロ前後(小)
      120キロ前後
カーブ   110キロ前後
直球はコンスタントに140キロを計測し、そしてマックス145キロまでスピードアップ。私の期待以上の成長曲線を見せてくれた瞬間であった。軸足にしっかりと体重を乗せて高い角度から振り下ろすストレートはウエイトが乗り、破壊力抜群。非力な打者では簡単に打ち返せない威力を誇る。また両サイドへコントロールできる制球力もあり、ストレートのコントロール、精度は高校生としてハイレベルである。変化球は大小のスライダーをコントロールし、100キロ前後のカーブを織り交ぜて緩急を使い分けることができている。ストレートのスピード、質、変化球の切れを含めて神奈川では3本の指に入る内容であった。

(配球パターン)
基本的に投球は外角中心の攻めで、ストレート、変化球で追い込んでいき、要所では力を入れたストレートで見逃し三振に取る投球スタイルだ。私が見た桐蔭学園戦ではストレートを両サイドへ散らしていきながら目先を変えるためにカーブを混ぜて緩急を付け速球を活かす配球をしていた。6回の裏に制球力が甘くなったところをしっかりと打ち返されていたが、それ以降も持ち直しコーナーを意識した投球で試合を作ることができていた。

(投球フォーム)
ノーワインドアップから入り、左足を真っ直ぐ立って、右足は突っ立つ。やや棒立ち気味の足の上げ方である。足が上げきる間にワンテンポ間を取っている。左足を三塁側方向からややインステップしていく。左腕のグラブは真っ直ぐ正対しているため打者からは見えやすい。上背のなさが打ちやすさに繋がっているのかもしれない。140キロ級の速球とキレの良い変化球を持ち合わせながら空振り三振が少ない理由はそこにあるだろう。テークバックは内旋。上半身の使い方はスムーズで、しっかりと肘が上がっており、良い形となっている。リリースを見ると肘を使うことはできており、球持ちは悪くないし、上半身の使い方と腕の振りはスムーズで、そして力強い。
将来の可能性
常時140キロ・マックス145キロを叩き出す馬力は神奈川県屈指だろう。変化球の切れも高まり、投球の幅が広がり、強豪校ということで投球以外の技術もしっかりと鍛えられている。ここまで神奈川県内ではあまり注目されていなかった投手だが、完成度の高さは間違いなく神奈川県内では3本の指に入る右腕であると評価できる。高卒プロに指名されるかは微妙な立ち位置にあるが、肉体的には強いモノを持っているし、高卒社会人からでもやっていけるだけの力量には達している。将来的にはプロを狙える素質を持った投手であると思うので、次のステージでも光り輝くことを期待したい。
情報提供・文:2011.08.01 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
麻溝台vs武相【神奈川県 2010年秋の大会 秋季神奈川県大会】
東海大相模vs武相【神奈川県 2010年夏の大会 第92回神奈川大会】
向上vs武相【神奈川県 2009年秋の大会 秋季神奈川県大会 】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板