選手名鑑

栗原 健 (常葉菊川)

応援メッセージを投稿する!
栗原 健

栗原 健

都道府県:
静岡
高校:
常葉菊川
学年:
2017年卒
ポジション:
中堅手
投打:
左/左
身長:
170cm
体重:
73kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 独特の感性を感じさせるバッティングを武器に、マウンドに上がればキレのある球を投げこむ強肩の持ち主。秋季大会では、2年・中堅手としてチームの攻守の中心的存在に。

(第一印象)

 無駄のないスイング軌道が光る選手で、高い野球センスを感じます。

(守備・走塁面)

 一塁までの塁間は、左打席から4.15秒ぐらいとプロの基準レベル。中堅手としても落下点までの入りに無駄がなく、安定した守備力を誇る。投手も務める強肩ぶりは確認できなかったが、高い野球センスで投球の方も楽しみ。

(打撃内容)

 技術的に高いだけでなく、潔いスイングでボールを遠くに運ぶセンスも。

<構え> ☆☆☆

 前の足を引いた左オープンスタンスで、脇を閉じてグリップを高めに添えます。後ろ足に体重をかけつつ、両目ではしっかり前を見据えて球筋を追えています。

<始動> 早すぎ

 投手の重心が上がる頃には、自分の足をも引き上げ始動。どうしてもこの段階だと、投手が投げるタイミングを変えることが可能なため、タイミングをズラされるリスクが生じてしまいます。

<下半身> ☆☆☆☆

 始動~着地までの「間」は充分過ぎるぐらいあり、速球でも変化球でも、いろいろな球に合わせやすいはず。しかし足を長くあげておくことで、バランスを維持するのは難しい。

 真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも捌きたいタイプ。踏み出した足元はブレないので、外角の厳しい球や低めの球にも喰らいつけます。緩急の揺さぶり、コースによる苦手もなく、幅広く対応できる万能型。逆にここならば打ち損じないという、得意なコースを確立したい。

<上半身> ☆☆☆☆

 打撃の準備であるトップを作るのは自然体で、リストワークに遊びもあり力みも感じません。何より素晴らしいのが、振り出しからインパクトまでのスイング軌道。全く無駄がないだけでなく、バットの先端であるヘッドも下がらず広い面でボールを捉えられます。ボールを捉えたあとも、しっかり振りきれています。

<軸> ☆☆☆

 足の上げ下げは静かで、目線の上下動は少なめ。体の開きも我慢できていますが、軸足が前に崩れがちで、体が突っ込まないように注意したいところ。
将来的に
 伝統の強力打線である常葉菊川のなかでも、打撃センスは抜けた存在。体格が小さいのと、身体能力的に図抜けてはなさそうなので、ドラフト候補というよりは大学や社会人などに進んでゆくタイプかと。

 持っている野球センス・感性は素晴らしいだけに、夏までにどのぐらいの打者に育つのか期待したい。2016年度の、静岡を代表する好打者の一人ではないのだろうか。
情報提供:2015.12.09
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
秀岳館vs常葉菊川【第98回全国高等学校野球選手権大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板