高校野球ドットコム

選手名鑑

上原 隼 (国士舘)

応援メッセージを投稿する!
上原 隼

上原 隼

都道府県:
東京
高校:
国士舘
学年:
2018年卒
ポジション:
二塁手
投打:
右/右
身長:
176cm
体重:
70kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 夏の大会でも、鋭い当たりを連発していた1年生。深い位置に守るセカンド守備にも特徴があり、すでに異彩を放っている。

(第一印象)

 技術的にもしっかりしたものを持っており、最終学年ではドラフト候補として注目されるぐらいの選手ではないのでしょうか。

(守備・走塁面)

 観戦した夏の東海大菅生戦では、ゴロをさばく場面は殆どみられず。それでもボールをさばくその仕草を観る限り、動きにキレがあり1年生とは思えないダイナミックな動きが観られます。完全に外野の芝生の部分に入って守っているように、相当地肩や守備には自信を持っていると考えられます。

 一塁までの到達タイムは計測できませんでしたが、三塁までの到達タイムは12.5秒弱。それほど際立つ数字ではないですが、全力で走り抜けてくればもっと速いタイムも期待できたと考えるます。守備・走塁に関しては、これからもっと見極めて行きたい。

(打撃内容)

 内角の厳しい球でも、上手くたたんで捌けるのが特徴。それでいて、外角の球でもキッチリ叩ける技術を持っている。

<構え> ☆☆☆

 両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップを高めに添えます。腰の据わり具合、全体のバランスは並なものの、両目ではしっかり前を見据えられている。両目で球筋を追えるということは、錯覚を起こす可能性が減ることにつながる。

<始動> 平均

 投手の重心が下がりきったあたりで動き出す、平均的な始動。これは、ある程度の確実性と長打力をバランスよく兼ね備えた、中距離打者やポイントゲッターに多く観られる。

<下半身> ☆☆☆☆

 足をほとんど引き上げず、地面をなぞるようにして、ベース側にインステップして踏み込んで来る。始動~着地までの間はそこそこあり、速球でも変化球でもスピードの変化にはそれなりに対応できそう。

 ベース側にインステップするように、外角の球を意識していることがわかる。踏み込んだ足元もブレないので、外角の厳しい球や低めの球にも喰らいつくことができる。

<上半身> ☆☆☆☆

 打撃の準備であるトップを作るまでも自然体で、リストワークに力みは感じられません。バットの振り出しも上からミートポイントまで、それほどロスなく振り下ろせています。そのため踏み込んで打ちにいっても、内角の球をさばくことができています。

 バットの先端であるヘッドも下がらないで、ボールを広い面で捉えられています。したがって打ち損じが少なく、最後までしっかり振りきれています。

<軸> ☆☆☆☆

 足の上げ下げが小さく、目線の上下動も少なめ。体の開きも我慢でき、軸足にも粘りが感じられます。余計な動きが少なく、軸が安定しています。
将来の可能性
 もう少し守備・走塁がどのレベルなのか見極めたいのですが、打撃の資質と技術には非常に高いものがあります。大物感もあり、方向性を間違わなければ、相当な選手に育つのではないのでしょうか。期待して、今後も見守って行きたい一人です。
情報提供:2015.12.17
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
国士舘vs日大二【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
国士舘vs都立松が谷【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
早稲田実業vs国士舘【東京都 2017年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
国士舘vs関東一【東京都 2017年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
国士舘vs実践学園【東京都 2017年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
国士舘vs日大一【東京都 2017年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
早稲田実業vs国士舘【東京都 2016年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs城西大城西【東京都 2016年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs明大中野【東京都 2016年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs実践学園【東京都 2016年秋の大会 東京都大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板