Overseas Players

ガブリエル・マシエル (ブラジル代表)

ガブリエル・マシエル

ガブリエル・マシエル

チーム:
ブラジル代表
ポジション:
外野手
投打:
右/右
身長:
 
体重:
 
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
短評
観戦レポートより抜粋(2015年8月31日
 シアトル・マリナーズとマイナー契約している1番マシエルの左前適時打で2対0にすると、一死二塁から2番サカイの犠打をメキシコ投手が暴投。ここでマシエルが驚異的な脚力を見せる。カバーが遅れていたライトの動きを見て一気に本塁へ生還したのだ。まるでオコエ 瑠偉関東一)のような走塁である。さらに二死二塁となって4番ジャヌアの適時打でさらに1点を追加し、4対0とする。

 ブラジルは1番マシエルは左横線に落ちる二塁打。一瞬止まりかけたが、メキシコの外野手陣の動きを見てあっと言う間に二塁に到達した。他の選手に比べてプレーのスピード感が全く違う。その後、マシエルは犠飛で9点目のホームを踏む。

  マシエルは日本戦でも1回裏、一死三塁からセンターからバックホームでストライク送球を見せて捕殺を記録すると、さらに左中間へ抜けそうな当たりをダイビングキャッチをして日本の野球ファンに強烈な印象を与えたマシエルだが、この先の活躍が楽しみな選手。さらにマシエルは9回表に三塁打を打ったがその時のタイムが11秒52と右打者として基準以上のタイムを計測。この日は大当たりであったが、打撃好調の要因として「しっかりと狙い球を絞った結果、それが来たので、打ち返すことができました」と考えながら打席に入っている。

 本人はMLBの最下層のルーキーリーグから目指すことになるが、ぜひ大きく成長を見せてほしい選手だ。
情報提供・文:2015.08.31 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る