2012年05月04日 大阪市南港中央野球場

清教学園vs鳳

2012年春の大会 平成24年度春季近畿地区高校野球大阪府予選 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

試合シーン

逆転に次ぐ逆転。「まさか」の試合を清教学園が制す

野球には「まさか」の瞬間がある。それは、面白さ、難しさ、恐ろしさ、色々だ。ただ、そうした局面に出会う確率はそう多いわけではない。もし、そんな試合を見られたら、それだけで最高の時間になることだろう。第2試合、清教学園の一戦は、そんな「まさか」が起きた一戦。それも、終盤の2度にわたり、観客席は大きなどよめきに包まれることになった。

最初の「まさか」は7回裏、の攻撃。それまで、鳳打線は、清教学園の先発・北林佑規(3年)の前に、0行進を続けてきた。1回から3回までは毎回ヒットでランナーを出したが、4回は四球のみ、5回は死球のみ、6回は三者凡退と、打線がつながることはなく、北林に圧力を与える攻撃の形を見出すことさえできなかった。逆に清教学園は鳳の先発・中村隼人(3年)から2回と6回に2点ずつを奪い、その差を4点に広げ、試合の主導権を握り続けた。

ところが、7回裏、それまでの沈黙がウソだったかのように打線が暴れまわることになった。
先頭の代打・大熊健允(3年)はファーストゴロに倒れたが、続く9番川原顕吾(3年)がエラーで出塁する。すると、ここから猛打が爆発した。1番中谷要太(2年)がライト前に運ぶと、2番森山和樹(3年(はレフト前へ。1死満塁のビッグチャンスを演出し、迎えた3番西本裕貴(3年)がショート強襲のタイムリーヒット。続く4番・寺上和志(3年)は北林の意地の投球の前に空振り三振に倒れたが、はなおも攻撃の手を緩めない。5番・大道将(3年)が振りぬいた打球は、センターを大きく越える走者一掃のタイムリー二塁打だった。

この時点で、ビハインドの4点を返した格好だが、さらに、6番中村が四球で歩き、7番川上翔平(3年)はライト前に、この回、2度目の打席となった8番・大熊もライト前に弾き返した。
打者一巡で叩きだしたのは計6得点。敗色の香りさえ漂い出しそうだった7回裏、は試合をひっくり返してみせた。

【次のページ】 清教学園vs鳳(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
感謝の気持ちをもって大阪を勝ち上がる!春ベスト8の鳳に迫る! 【ニュース - コラム】
第72回 鳳(大阪)「春のベスト8の結果を、感謝の気持ちとバッティングで乗り越える!」【僕らの熱い夏2019】
第942回 令和最初の大阪大会は3回戦が最も盛り上がる!今から見逃せない要注目のブロック!【大会展望・総括コラム】
東海大仰星が近代付を下す!大体大浪商などベスト4が出揃う!【春季大阪大会 4日結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第32回 府立鳳高等学校(大阪)【冬が僕らを強くする2018】
大塚vs清教学園【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪偕星学園vs鳳【大阪府 2015年秋の大会 平成27年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
県立伊丹vs篠山鳳鳴【兵庫県 2015年夏の大会 第97回選手権兵庫大会】
清教学園vs堺上【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
鳳vs東海大仰星【大阪府 2015年春の大会 平成27年度春季近畿地区高校野球大阪府予選】
鳳 【高校別データ】
清教学園 【高校別データ】
春季大阪府大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

ライバル 2012.05.23
お前らならもっと上これる。
夏期待してる。

応援メッセージを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る