2012年05月04日 PL学園グランド

上宮vs三国丘

2012年春の大会 平成24年度春季近畿地区高校野球大阪府予選 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

決勝打を放った川端健太(三国丘)

勝負を決めた途中出場組の活躍

1対1の拮抗した展開から、終盤にビッグイニングを作った三国丘が、上宮を破りベスト16進出を決めた。

先発したエースの片桐 崇裕(3年)が、持ち味の打たせて取るピッチングで、上宮打線を4回の押し出し死球での1点に抑えていた。
ゲームは終盤に入り7回裏。三国丘は先頭の5番高瀬心(3年)がショートのグラブを弾くヒットで出塁。6番木村律也(2年)の送りバントが相手のエラーを誘い、7番薮内拓也(3年)もバントヒットで満塁となった。
8番辻林大輝(3年)は内野ゴロに倒れ1死満塁と場面は進んだ。

ここで三国丘の辻英生監督は9番の打順で代打に川端健太(3年)を起用。その川端は上宮のエース天野仁貴(3年)の2球目を叩き。打球はセンターの左を破る。三人いた走者は全て生還。二塁の塁上で川端は満面の笑みを見せた。

さらに2死となって2番籠谷顕(3年)もタイムリー二塁打。この回4点目となるビッグイニングで、完全に勝利への流れを手繰り寄せた。
この場面で打った二人。川端は前述の通り代打で、籠谷も途中から負傷退場した髙階空也(3年)に代わって出場した選手である。

投げては、エース片桐が後半は安定したピッチング。特に大量リードをもらった8回と9回は、上宮打線をノーヒットに抑えて見事完投勝利をおさめた。

一方で、敗れた上宮はスタメンでピッチャーの天野以外は全て2年生という構成。元々3年生全体の人数が少ないこともあるが、二桁番号の選手が先発出場するなど、まだまだチームとしての若さが伺えたゲームだった。終盤の守り方の難しさは、大きな勉強となったことだろう。

スターティングメンバー
上宮
8久安祐椰、4岡澤俊幸、7本田智宏、2上田拓人、3川口慎太郎、5小邨義和、9杉山宗一郎、6丸山直城、1天野仁貴
三国丘
9斎藤誠也、4髙階空也、1片桐 崇裕、6山田弘樹、5高瀬心、2木村律也、8薮内拓也、3辻林大揮、7坂東拓哉


(文=松倉 雄太)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
「平成」初は東邦高校が制覇!「令和」初の甲子園制覇どこになる? 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭、履正社が3回戦へ【大阪秋季大会予選・17日結果】 【ニュース - 高校野球関連】
大阪商大堺vs上宮太子【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権南大阪大会】
第712回 南大阪展望 実力校が散らばり、盛り上がるのは4回戦以降か【大会展望・総括コラム】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
豊中vs上宮太子【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大冠vs上宮【大阪府 2017年夏の大会 第99回選手権大阪大会】
第546回 大阪桐蔭vs履正社、3度目の対決を制するのは?準決勝の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第542回 大阪大会準々決勝!激戦が予想される4試合の見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
上宮vs阪南大高【大阪府 2017年夏の大会 第99回選手権大阪大会】
第1回 想いを込めた4500羽の千羽鶴!府立三国丘高等学校【頑張る!マネージャー特別編 〜千羽鶴ストーリー〜】
東海大仰星vs上宮太子【大阪府 2017年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第478回 5月5日は埼玉、兵庫の準決勝に注目!【大会展望・総括コラム】
黒田博樹 世界を制する投球術
上宮 【高校別データ】
三国丘 【高校別データ】
春季大阪府大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る