2012年04月28日 豊中ローズ球場 (豊中市豊島公園野球場)

大商学園vs信太

2012年春の大会 平成24年度春季近畿地区高校野球大阪府予選 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

大商学園先発の牟田

がっぷり四つの攻防戦は大商学園に凱歌

信太が先制すれば、すぐに大商学園が追いつく。大商学園が逆転すれば、すぐさま信太が追いついてみせた。息つくヒマを与えてくれないガップリ四つの一戦となったこの試合、炎天下の大阪・豊中ローズ球場の第2試合は、延長10回にまでもつれむ白熱の好カードだった。

試合が動いたのは2回表。信太が鮮やかに先制点を挙げる。
下位打線から始まる攻撃だったが、先頭の6番・小原がショートへの内野安打で出塁。7番・上村がピッチャー前に絶妙な送りバントを決め、スコアリングポジションにランナーを進めた。二死二塁となり、迎えた9番、ピッチャー・上原の打球は3塁線を強烈に破るタイムリー二塁打。先発投手が先制打を叩きだしたことは、信太が“ノる”ための最高の結果だったと言って良いだろう。

ただ、大商学園も黙ってはいなかった。先頭の同じく4番、ピッチャー・牟田がライト前に運んで無死一塁のチャンスを作り、5番・山本が送りバント。そして、6番・秋田の打球が1・2塁間を襲うと、飛び出したファーストがボールを遮る形となり、カバーに入ったセカンドがボールを拾いきれない。ライト前へ転がる間に二塁ランナーが生還し、すぐさま試合を振り出しに戻した。

その後、3回裏に、大商学園が1点を奪い逆転に成功。
すると、直後の4回表、信太が1点を返し同点に。
5回裏に再び1点をリードした大商学園だったが、7回表に信太が再び追いつく執念をみせた。
互いの意地とプライドが炎天下のスタジアムでますますヒートアップ。白熱する展開に、スタンドからは1球1打に歓声がこだました。

【次のページ】 大商学園vs信太(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大阪桐蔭と履正社がコールドで勝ち上がり準決勝で直接対決!2試合を徹底レポート!【大阪大会】 【ニュース - 高校野球関連】
履正社vs信太【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
関大北陽は打線が力を見せて7回コールド!信太はチーム歴代最高のベスト8進出!2試合を徹底レポート!【大阪大会】 【ニュース - 高校野球関連】
信太vs汎愛【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第942回 令和最初の大阪大会は3回戦が最も盛り上がる!今から見逃せない要注目のブロック!【大会展望・総括コラム】
第48回 大阪府立堺西高等学校(大阪)【僕らの熱い夏2016】
信太vs浪速【大阪府 2015年秋の大会 平成27年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪桐蔭vs信太【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
大商学園vs今宮【大阪府 2015年春の大会 平成27年度春季近畿地区高校野球大阪府予選】
信太 【高校別データ】
大商学園 【高校別データ】
春季大阪府大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る