この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

上からたたく打撃は健在、大阪桐蔭の強さはこれからが本領



ホームランを放った松尾

 4回戦では東大阪大柏原に逆転勝ちをおさめた大阪桐蔭。対して太成学院大高に8対0で勝利してベスト16まで勝ち進んだ大阪商大堺。どちらも力があるチームであることは間違いないが、試合は大阪桐蔭が8対1で勝利。ベスト8入りを果たした。

 初回に4番・海老根 優大の犠牲フライで先制すると、2回には8番・星子 天真のタイムリーなどで3対0。1点を返されて迎えた5回には、一死から3番・松尾 汐恩大阪商大堺の先発・武田 桜雅からレフトスタンドへ運ぶホームランで4対1と突き放すことに成功した。

 後半も確実に点数を重ねて8対1とした。7点リードをもらった先発・前田 悠伍は最後まで投げきってゲームセット。被安打4、失点1の内容でチームをベスト8に導いた。

 今夏の甲子園で見せた攻撃力は新チームでも健在だった。全体を通じて、上から叩く意識が見られ、鋭い打球が長打になるケースがいくつもあった。その最たるバッターはホームランを放った3番・松尾だった。

 バットのヘッドをピッチャーへ向けながらトップを作ると、後ろを大きくしてバットを走らせながらボールを叩いていく。一見するとインコースのボールに対して差し込まれてしまいそうな打ち方だが、スイングスピードが速いからこそ、対応ができる打ち方といっていいだろう。

 事実、5回のホームランはインコース低めに来た真っすぐをレフトスタンドまで持っていった。しかも相手はエース左腕の武田だ。高さを活かした角度あるストレートで捉えるのは簡単ではない。それをレフトスタンドに打ち返したのだから、素晴らしいバッティングだったというしかない。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています