接戦に強い「伝統」を発揮した大阪桐蔭、粘り抜いた興国にナインに拍手

 大阪桐蔭vs興國の一戦。

 裏攻めをとった大阪桐蔭は先制点をとって、主導権を握りたい。

 1回、2回ともに得点圏に走者を進めながらも先制点を挙げることができなかったが、大阪桐蔭は3回裏、1番繁永 晟の左前安打、2番藤原 夏暉のバントヒットで無死一、二塁。3番池田 陵真が犠打で送り、一死二、三塁の場面から4番花田 旭の右中間を破る適時三塁打でまず2点を先制すると、さらに前田 健伸のスクイズで貴重な3点目を入れた。

 興國は2番手・入西思輝が4回裏から登板。興國投手陣の中でも縦の角度が使える投手で、ストレートのスピードは常時120キロ後半〜130キロ前半(最速132キロ)ながら、120キロ前後のスライダー、110キロ前後のマーブは曲がり幅が大きい。高低をうまく使いながら、大阪桐蔭打線を抑えていく。

 大阪桐蔭の先発・松浦 慶斗は前日の試合と一転して安定感抜群の投球。連投の影響で、平均球速138キロ・最速143キロと抑え気味だが、それでも威力あるストレートを見せ球にして、120キロ中盤のスライダーでカウントを取り、110キロ前後のカーブでアクセントをつけたり、120キロ中盤のフォーク、チェンジアップで空振りを狙う。1つ1つの投球に意図が感じられ、変化球で三振を奪うなど、上手さを見せた。意外と思うかも知れないが、松浦は変化球を操るのが得意で、ストレートに近い握りで指先に引っ掛かるように投げる。手元で鋭く曲がり、高確率で奪うことができる。

 この日の松浦はコントロールを意識し、腕の振りに力みがなく、動作に連動性がある。そのため、切れの良い変化球を投げることができる。疲労がない状態で、このリズムで投げたら、どんな投球を展開するのか、興味深い。そう思わせるほど決勝戦の松浦の投球は奥行きがある。

 だが、6回表、ミスからピンチを招き、3番・山田 直也の適時打で1点を返され、打線も興國投手陣を攻略できず、試合は9回へ。松浦は9回でギアを挙げ、この試合最速となる143キロをマークするも、連打でピンチを招き、二死から6番・大森隼、7番・渡部颯の連続適時打で試合を振り出しに戻された。

 同点とされた大阪桐蔭はその裏、チャンスを作り、二死三塁で打席に立ったのは池田 陵真だ。実に冷静だった。
 「相手の大江投手はスライダーの割合が多い投手なので、初球からスライダーをとっていくと思いました」

 その読み通り、初球のスライダーを振り抜いた打球は三塁手のグラブの横を抜けていくクリーンヒット。大阪桐蔭がサヨナラで勝利を決めた。