エース・高橋怜央が打たせて取る省エネ投球で東海大仰星が近畿大会出場を決める!



東海大仰星・高橋怜央

 タレントが揃う東海大仰星と4強唯一の公立校の山田が近畿大会出場をかけて、準決勝で激突。試合展開を見ていく前に、山田の各打者の特長を見ていきたい。

 右、左と関わらず、全員がバットのヘッドをキャッチャー方向に向けて、少し寝かせるような形で構えているのが印象的なフォームとなっている。これは東海大仰星の先発・高橋 怜央の速球対策で1週間かけてやってきたことのこと。たしかにこれを実践することで、スピードボールに対して多少振り遅れてもヘッドが出てこない分、逆方向へ飛ばすことはできる。実際に試合中でも鋭い打球を飛ばすシーンが何度が見受けられ、その成果は随所に出ていた。

 しかし「逆に当てに来ると思ったので、ストライクゾーンを狙ってストレートをどんどん投げていったら打ち取れました」と今日の東海大仰星・高橋には関係がなかった。

 コンパクトに腕を回してトップを作り、そこから勢いよく腕を振り下ろしていく高橋の投球フォーム。ストレートにスライダーの組み合わせがばっちり決まり、山田打線を翻弄。機動力がウリの山田にやりたい野球をさせない。

 すると打線は初回から猛攻。二死三塁から4番・佐藤 裕樹のライト前へのタイムリーで先制すると、そこから打線がつながり初回だけで4得点。山田先発・今立 尚希を打ち砕き、主導権を握った。

 2回には4番・佐藤の高校通算6本目のホームラン。最近は緩いボールに対してのアプローチを課題に掲げて、逆方向へのバッティングを磨いてきたが、この試合ではライトスタンドへ飛び込む一打。すり足気味のフォームで目線のズレを減らし、確実にミートしていく。スイング自体が強く、きっちりミートできれば鋭い打球を連発する強打者だ。