投手力と準備で履正社を上回った大阪桐蔭が決勝進出と近畿大会出場を決める!



履正社・渡邊純太

 大阪桐蔭履正社。大阪のみならず全国を代表する強豪同士の一戦が準決勝で実現。先攻の履正社は先発・渡邊 純太大阪桐蔭は先発・松浦 慶斗とエース左腕同士がマウンドに上がった。

 先にマウンドに上がった松浦は、「相手が履正社ということで、合わせていくのではなく、ストレートでどんどん押していこう」と言うことを考え、自慢の速球を投げ込んでいく。

 ワインドアップからスムーズなモーションで動き出していき、腕を引き上げていきながらトップ作り、一気に振り出していく。コントロールに苦しみながらも、「そのボール球も活かしていこう」とポジティブに捉えて立ち上がりは力強いボールで履正社打線を封じた。

 一方の履正社先発・渡邊は、投げおろすように左腕を振り切ってボールに角度を付ける。鋭く変化する縦の変化球との組み合わせで、2回までは大阪桐蔭打線を0点に抑える好投を見せていた。

 試合が動いたのは3回、2番・野間 翔一郎のレフト前の時に、履正社守備の連携ミスで、一気に二塁へ。ここで、3番・宮下 隼輔のタイムリーで先制点を挙げると、打線がつながり一挙4点を奪った大阪桐蔭

 このリードをがっちり守りたい先発・松浦だったが、4回に履正社先頭の2番・安田 大輝と3番・池田 康晟の連続ヒットなどで無死満塁。ここで一死から6番・光弘 帆高のタイムリーなどで履正社が3点を奪い返された。

 相手のミスを逃さない両チームの攻撃陣の集中力はさすがのものだったが、中盤から徐々に大阪桐蔭へ流れが傾き始める。それは松浦の好投が関係していた。

履正社打線がインコースを狙っていることをキャッチャーの田近が気が付いて、そこで話し合って、外のストレートを投げ込むようにしました」

 加えて変化球も多く使うことによって、引っ掛けたゴロや、初球からカウントを取れるようになり、守備から大阪桐蔭のテンポが上がっていく。

 すると、大阪桐蔭は5回にヒットと2つの四球で満塁を作ると、8番・田近 介人のタイムリーで2点を追加して6対3。3点リードに広げることに成功した。