今年の東海大仰星はタレント揃い!投打で圧倒し、7回コールド勝ち!



1番ショート・中村暖道(東海大仰星)

 大阪桐蔭履正社に匹敵する戦力を持つとして評判の東海大仰星。

 前評判通りの実力を発揮し、4強入りを決めた。

 まず突破口を切り開いたのは東海大仰星の4番・佐藤 裕樹が左中間を破る適時三塁打でチャンスを作り、5番谷口 創の犠飛で1点を先制。さらに満塁のチャンスから1番中村 暖道(はるみち)の左翼線を破る適時二塁打で3点目を入れる。

 3回裏には一死二塁のチャンスから4番佐藤の中前適時打で4点目。5回裏には6番北里 拓海の適時打、7番高橋の2点適時打で7点目を入れる。

 投げては前日5回戦の完投勝利の高橋 怜央が好投。左足を高々と上げてから、体を沈み込ませて、真っ向から振り下ろすオーバーハンド。常時135キロ~138キロを計測しており、速球の威力はなかなか。

 特に素晴らしいのはカットボール、スライダーの切れ味だ。120キロ後半のカットボールが手元でくいっと曲がり、さらに120キロ前半のスライダーは手元で大きく曲がる。1つ1つの球種が高レベルで、今年の大阪府ではトップレベルの好投手ではないだろうか。

 ミート力が高い八尾打線に対し、打たせて取ることを心掛け、6回まで無失点に抑えた高橋だが、7回表に内野ゴロの間に1点を失ってしまう。高橋自身もこの1点の取られ方を反省していた。

そして7回裏、5番谷口がコールドを決める特大本塁打を放ち、準決勝進出を決めた。

 これまで高橋が注目されてきた東海大仰星だが、ほかの選手たちの能力も高い。まず1番主将で中村はマルチヒットを記録。その実力は府内ではトップクラスの遊撃手ではないだろうか。八尾中央ボーイズ時代は長打が打てる遊撃手として活躍し、1年夏からベンチ入り。前チームまではセカンドとして活躍していたが、新チームスタートを機に中学以来のショートとなった。

 「やはりショートのほうが楽しいです」と語るように、一歩目の動き出しが速く、ほかの選手が追い付かないような打球にも軽々と追いつき、スローイングも強い。埼玉西武の源田壮亮に憧れて、動画を見ながら守備の上達に生かしている。小刻みにステップして動いて打球を処理できるセンスはほかの遊撃手にはない強みだ。

 守備以上に目を惹いたのが打撃だ。

 スクエアスタンスで構える姿は力みがなく、トップを作ってから、腰を鋭く回転させて、フォロースルーまでの流れが実にきれいで、打ち方に無駄がない。手打ち感がなく、173センチ75キロとそれほど大きい選手ではないが、高校通算14本塁打とまずまずの本数。ただこの試合まで不調で5回戦は無安打。

 力まずに打席に入ることを心掛けマルチヒットにつながった。やはり中村が起点となると、やはり打線がつながる。実力だけではなく、上林監督から「本当に真面目な選手なんです」と人間性も高く評価される中村は準決勝以降のキーマンとなるだろう。

 また4番佐藤はそれほど上背はあるわけではないが、スイングスピードが実に速く、無駄のない動きでボールに対応ができており、対応力も高い。さらに注目が集まるだろう。5番谷口は上背もあり、トップを深くとって、フォロースルーを大きく振りぬく、パワーヒッター。コールドを決めた本塁打はライナー性で飛び込んでいった。パワーは素晴らしいものがある左の大型スラッガーだ。

 ポテンシャルが高い選手がそろう東海大仰星。主将の中村は「ここまできたからには大阪1位で近畿大会に行きたいです」と誓った。準決勝はここまで快進撃を見せている山田。難敵相手にどんな野球を見せるのか。

(文=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。