課題多くも今年の履正社も潜在能力が高い選手を揃える!



先発・渡邊純太(履正社)

 全国トップクラスの対応力と破壊力を兼ね備えた打線を作り上げる履正社。全国優勝した2019、交流戦出場した2020年は高校生レベルではとても抑えられないすごみがあった。2021年の履正社は経験者がほとんどいない。だから岡田龍生監督は「今年はすべてが課題なんです」と語るようにチーム作りに苦労している様子だ。 そのためチームとしては完全に未知数。とはいえ、体格やスイングの強さを見ると、全国クラスの強力打線へ育つ可能性がある。

 履正社の先発は渡邊 純太。最速138キロを誇るといわれる大型左腕だが、やはり連投ということで、常時120キロ後半程度。ただ表示以上に勢いを感じる。ガンが甘い球場ならば130キロ中盤は出ていてもおかしくない勢いはある。そして120キロ前半のスライダー、110キロ台の落ちる系の変化球の精度も高く、好投手なのがうかがえる。

 しかし勢いに乗る大阪商業大高は一死一塁から3番・鈴木 晶仁がレフト線へ二塁打を放ち、さらに4番太田宙の適時打で1点を先制される。

 追いつきたい履正社は3回裏、二死三塁から2番池田 康晟の適時打で同点。4回裏には7番山本翼の適時三塁打と8番眞鍋蒼次朗のスクイズで3対1と勝ち越し。5回裏、一死から3番安田 大輝の右翼線を破る二塁打でチャンスを作り、4番松林 克真のライトへポトリと落ちる右前安打で一、三塁へ。そして二死から6番光弘穂高の一塁内野安打で1点を追加。5回まで4対1と点差を広げ、試合の主導権を握ったかに思えた。

 流れを明け渡さなかったのは、大阪商業大高の先発・大槻翼の力投が大きい。走者がいなくてもセットポジションで始動し、細身の体型から小気味よく腕を振る右の力投派。常時125キロ~130キロの直球、120キロ前後のスライダーを投げ分けるコントロール型投手。内外角に投げ分け、ゲームメイクを行っていく。

 7回表、大阪商業大高は打撃好調の3番・鈴木のレフト超えの適時二塁打をきっかけに追い上げ、7番大谷晃成、8番鮫島雅希、9番大槻翼の三者連続タイムリーが飛び出し、一気に同点に。なんと試合は振り出しに戻る。

 7回裏、履正社は2番池田の右前安打と犠打、4番松林の右前安打で一、三塁をきっかけに内田翔の敵失、6番光弘の適時打、8番眞鍋の2点適時打で8対4と4点差をつけた。さらに8回裏にも松林の犠飛で1点を追加した。

 そして渡邊は粘り強い投球で4失点完投勝利。ベスト4進出を決めた。