山田、機動力で上宮を翻弄!突き放しに成功しベスト8へ!



三塁打を打った笹川(山田)

 古豪・上宮と府立高の山田の一戦。

 名前だけ聞くと、上宮が有利と感じてしまう。山田の打線と走塁が素晴らしく、あっと言わせた試合だった。

 1回裏、上宮が敵失と犠飛で2点を先制。だが、2回表、山田は一死満塁から8番小西 樹の犠飛で1点を返すだけではなく、二塁走者・笹川 大智が上宮の内野手のわずかなスキを逃さず、同点に追いつく。走塁に力を入れる金子恭兵監督も驚きのプレーだった。

 山田高校はグラウンドを全面使えず、他部活も共用になると内野ノックもできないほどスペースが狭い。思い切って打撃練習もできない。必然的に走塁と犠打を徹底的に磨くことになる。

 さらに3回表には鍛えぬいてきた走塁が力を発揮する。二死二塁から二塁走者・田村 健吾が三盗に成功し、田村はバッテリーミスから生還。勝ち越しに成功した山田はなおも二死満塁から7番笹川の2点三塁打、敵失で一挙4点を入れ、6対2と突き放した。

 上宮の捕手・吉岡怜もなかなかの強肩捕手だが、それでも果敢に攻めに行った三盗により、一気にペースをつかんだ。また走塁に目が行きがちだが、3回まで4安打。アウトとなってもしっかりととらえた打球が多い。山田の各打者は打撃フォームの形が非常にいい。というのは始動に入ってからトップに入るまでロスがなく、インサイドアウトで手打ちにならず、腰をしっかりと使ってスイングすることができているのだ。

 そのためとらえた打球は鋭く飛んでいく。金子監督によると、選手たち自身で考えて打撃の研究に取り組んでいるという。自発的に打撃を鍛え、さらに感性を生かして相手を欺く走塁をしているのだから、恐ろしいチームである。

 反撃したい上宮は4回裏、二死満塁から押し出しと6番百々眞太郎の適時打で2点を返したが、同点とはならなかった。山田の先発・今立 尚希はここで降板。右下手の軟投派で、振り回す打者が多い上宮打線に相性が合う投手として先発起用した。ここまでの力投に金子監督も「上出来です」と評価した。

 リードして後半を迎えた山田は6回表、一死二塁から敵失で山田が1点を追加し、7対4で3点差に広げ、試合を決めた。

 また5回からリリーフしたエース・坂田 凛太郎が力投。120キロ中盤の速球、スライダー、カーブを投げ分け、5イニング無失点の好投で、強力な上宮打線を無失点に抑え、見事にベスト8進出を決めた。

 5回戦進出を目標としていた山田にとって強豪私学を破ったことは大きな悲願となった。これでいきおいにのった山田はベスト4進出を決めることができるか、注目だ。

(文=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。