勝負を分けた2回の攻防。プロ注目の小深田大地は4安打も2年生左腕・松浦には完敗

 「2回の満塁で点を取られていたら、逆の展開になっていたかもしれないですね」

 試合後、履正社の岡田龍生監督は笑顔で序盤の攻防を振り返った。
 大阪シティ信用金庫スタジアムで行われた履正社大阪桐蔭の準決勝は、結果だけを見れば9対3と点差のついたゲームとなったが、両チームの実力に決して大きな差があった訳ではない。

 岡田監督がポイントに挙げた2回の満塁とは、大阪桐蔭が7番・吉安 遼哉のタイムリーで先制点を挙げ、なおも一死満塁のチャンスを作った場面だ。

 ここで打席に入った1番・野間 翔一郎は、履正社の先発・岩崎 峻典のストレートにタイミングが合わず空振り三振。続く2番・加藤巧也はセカンドフライに打ち取られ、結局この回は1点止まり。
 ここで追加点を奪えなかったことが最後まで響いたのだ。

 これで逆に勢いづいた履正社は直後の2回裏、無死満塁から8番・中原陽志の走者一掃のタイムリーツーベースで逆転に成功し、さらに相手のフィルダースチョイスで追加点。
 その後も履正社の集中打が止まらず、5回までに9得点を奪う猛攻を見せた。

 試合の後半は、大阪桐蔭の2年生サウスポー・松浦 慶斗が力投を見せて試合は膠着。
 松浦は準々決勝や5回戦でも好投を見せたが、この試合では特に力のこもった投球を見せた。

 プロ注目の強打者・小深田 大地との2度の対戦では、真っ向勝負を挑んで2打席とも押さえ込む。小深田にも「真っ直ぐの勢いが違う。ああいう投手を打たないと上のレベルでは通用しない」と言わしめ、改めてその能力の高さを見せつけた。

 そしてその小深田だが、松浦には押さえ込まれたものの、この試合では6打数4安打1打点と存在感を大きく示す。試合後には「一番しんどい試合でした。ホッとしてます」と安堵の表情を浮かべたが、気持ちはすでに星稜との交流戦に向かっていた。

 他にも、注目選手が目白押しの両校であるが、交流戦ではどんな戦いを見せるか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)