延長10回までもつれる因縁のライバル対決は大阪桐蔭に軍配


 共に近畿大会出場を決めている大阪桐蔭履正社のライバル対決。近畿大会出場は決まっているもののライバル関係にある両校にとっては、負けられない一戦となった。

 序盤は大阪桐蔭エース・藤江 星河と、履正社エース・岩崎 峻典のハイレベルな投げ合いが続く。両チームの野手陣はなかなか得点を挙げることができなかったが、5回に試合が動く。

 大阪桐蔭は9番・藤江、1番・池田 陵真の連打で好機を作ると3番・西野 力矢が先制打となる二塁打をレフトへ放つ。すると続く4番・仲三河 優太が甘く入った変化球をうまく引きつけ、ライトへ3点本塁打を放ち、この回4点を先制。

 追いつきたい履正社は6回裏に4番・関本 勇輔と5番・大西 蓮の連続安打で1点を返し、続く代打の弓埜 祥太郎のレフトへの犠牲フライ。これでさらに1点を返し、4点差にするが、続く7回に大阪桐蔭の上位打線に4本の安打を許し、2点返され、点差を詰めることができない。

 このまま大阪桐蔭が逃げ切るかと思われたが9回、履正社は3連打で1点を返すと、4番・関本がレフトへ3点本塁打を放ち、この回土壇場から同点に追いつく。

 履正社の同点にスタンドが盛り上がる中、大阪桐蔭が、安打とボークで無死2塁から8番・竹中 勇登の送りバントの際にサードへ送球するが野選となり、セーフ。ここで一塁へ急いで転送するも悪送球となってしまい、三塁走者が生還し、大阪桐蔭が勝ち越し。

 さらに2点を追加し、3点差をつけた大阪桐蔭が、落ち着いて裏の履正社の攻撃を抑えて大阪府大会を優勝。大阪1位で近畿大会への出場となった。準優勝の履正社が2位で近畿大会出場となった。

 大阪桐蔭は10イニングで16安打を放ち、夏の甲子園でも好投を見せた履正社・岩崎を攻略した高い攻撃力と、無失策で守り抜いた硬い守備力を武器に近畿大会を戦う。

 履正社は敗れはしたものの粘り強い戦いを見せ、近畿大会での活躍が期待できる試合内容だった。

(文=編集部)