金光大阪 3回一挙7得点!左腕・辻本は2安打完封勝利で決勝進出!

 金光大阪vs東海大仰星の一戦はまさかの試合展開だった。東海大仰星は満を持してエースの山本航が登板。左スリークォーターから繰り出す直球は常時120キロ後半~135キロと左腕投手としてはなかなかの球速があり、115キロ前半のスライダー、110キロ前後のチェンジアップ、100キロ台のカーブを投げ分け、初回には2三振を奪う上々の立ち上がりを見せた。

 しかし3回表、一死二塁から9番辻本 湧斗の左前安打で一、三塁でチャンスを広げ、1番角田の敵失で1点を先制し、さらに満塁から3番佐々木 慶矢の左越え適時二塁打、4番久下奨太の右前安打で4対0とチャンスを広げると、5番鰺坂はチェンジアップをとらえた打球はぐんぐん伸びていき、公式戦初本塁打となる3ラン。「最初、外野フライかなと思ったのですが、思った以上に伸びていきました」と会心の本塁打を振り返った。

 一挙、7点を入れて試合の主導権を握った金光大阪。東海大仰星の山本ほどの好投手でさえもこれほどの大量失点を喫するのだから、改めて野球は怖い。
 投げては大阪桐蔭戦でも好投を見せた辻本が好投。
「この試合は変化球の精度が良くなかったので、ストレートで攻めていきました」
角度のある120キロ中盤(最速128キロ)のストレートは角度があり、手元でも失速しないストレートは魅力的だ。そのストレートで東海大仰星打線を抑える。特にマークしていたのは、3番石川、4番松本。
「この2人を抑えて勢いに乗れればと思いました」
 3番石川、4番松本を抑え、相手に流れを渡さない。横井監督もこの3,4番をマークしており、抑える可能性が高い投手として辻本を送り込んだが、その期待に応える好投を見せた。6回二死までパーフェクトピッチングを見せた辻本はその後も危なげなく抑え、2安打完封勝利。コールド勝ちで決勝進出を見せた。

 横井監督は「5月の時点では決勝戦にいけるとは全く想像していなかったチームでした。高校生は驚くほどの活躍することが多いのですが、今年のチームは非常にそれが多いです」
 指揮官も驚く快進撃。12年ぶりの甲子園へ、さらなる奇跡を起こす。

【 速報ページはこちら 】

■開催期間:2019年7月6~7月28日(予定)
2019年 第101回 全国高等学校野球選手権 大阪大会(三回戦まで)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会大阪大会】
■展望コラム【令和最初の大阪大会は3回戦が最も盛り上がる!今から見逃せない要注目のブロック!】

(文・=河嶋 宗一