大阪大会の新記録を打ち立て、甲子園への切符を掴み取る!

 いよいよ北大阪も決勝戦を迎えた。春・夏連覇に向けて負けられない大阪桐蔭と初の決勝戦の舞台に進出した大阪学院大高。甲子園出場をかけた一戦は初回から動いた。

 

 大阪桐蔭は1番・宮﨑 仁斗が、大阪学院大高の先発・山崎尚也の初球を捉えると、打球は右中間を真っ二つ。宮崎はこの打球で一気に三塁を陥れ、無死三塁のチャンス。続く2番・青地 斗舞はセンター方向への大きいフライを上げてしまうが、犠牲フライには十分な飛距離。三塁ランナーの宮崎はタッチアップでホームに生還し、大阪桐蔭は早々に1点を奪う。

 これで終わらないのが強力大阪桐蔭打線。3番・中川 卓也は追い込まれながらライトへひじき返す。続く4番・藤原 恭大もライトへヒットを放つと、打席には5番・根尾 昂。その根尾が捉えた鋭い打球はファーストへ。これで二死になると思われたが、ここで大阪学院大高のファースト・宝川隼の前でイレギュラー。根尾をアウトにすることができず、ランナー2人が生還。思わぬ形で2点を追加した大阪桐蔭は、6番・石川 瑞貴のタイムリーでさらに1点を追加して4対0とする。

 大阪桐蔭は2回、3回と点数を重ねて点差を広げると、5回には二死一、二塁から5番・根尾のライトへのタイムリーで遂に10点目を奪って10対0とする。

 大阪桐蔭の先発はエース・柿木 蓮。140キロ台の真っすぐに多彩な変化球を駆使して5回まで大阪学院大高にホームを踏ませない。

 しかし6回、二死から大阪学院大高の6番・大野颯太に死球を与えると、7番・天川樹に高めの真っすぐを左中間に運ばれる二塁打で二死二、三塁。ここで打席には8番・小松永実が捉えた打球はライトの頭上を越える。これで2人のランナーの生還を許し、10対2。大阪学院大高はここから反撃と言わんばかりのベンチとスタンドの熱気の高まりを見せる。

 しかしこの後、大阪桐蔭はその勢いを攻撃で沈める。

 準決勝で勝ち越しタイムリーを放った7番・山田 健太がレフト線への二塁打で追加点のチャンスを作ると、二死から1番・宮崎のサード強襲のヒットで山田をホームに返す。続く2番・青地が四球を選びチャンスを広げると、3番・中川はライト線を破る二塁打でさらに2点を追加して13対2にする。
 ここで全打席ヒットを放っている4番・藤原が高めに来た真っすぐを振りぬくと、打球はそのままライトスタンドに飛び込むホームラン。15対2と大阪学院大高を突き放す。

 この後8番・小泉 航平、9番・柿木にもタイムリーが飛び出すなど打者二巡の猛攻で一挙13得点。23対2と大阪桐蔭が一気に試合を決定づけた。

 7回以降は柿木、そして大阪学院大高の4番手・岩拓海が好投を見せて両校無得点のまま最終回へ。

 大阪学院大高は1人ずつランナーを貯めて、1点ずつ返していきたいところ。だが、大阪桐蔭のマウンド上の柿木は最後まで力強い真っすぐと切れ味鋭い変化球を使い、大阪学院大高を抑える。最後は1番・宝川のセンター後方への大飛球を、藤原が自慢の脚力で追いつくファインプレーでゲームセット。大阪桐蔭が見事優勝を飾り、甲子園への切符を掴み取った。

 そしてこの試合、桑田 真澄と清原和博のKKコンビがいたPL学園が、1985年に東海大仰星相手に達成した決勝最多得点を更新というおまけつきだった。

 今大会は準々決勝金光大阪、そして準決勝履正社戦で苦しみながらも、何とか甲子園までたどり着いた。はたして甲子園ではどんな戦いを見せるのか。そして平成最後の夏に、史上初の2度目の春・夏連覇となるのか。大阪桐蔭の注目の戦いはこれからも続く。

 一方敗れた大阪学院大高は今回が初の決勝戦だった。その大舞台に相手は超強豪の大阪桐蔭。序盤はやはり硬さも見えたが、今回得られた経験は後輩たちに受け継がれていくはずだ。そして再び決勝の舞台に大阪学院大高が進出してくるのを楽しみに待ちたい。

(文=編集部)