2018年05月12日 大阪シティ信用金庫スタジアム

初芝立命館vs東大阪大柏原

2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

初芝立命館のサブマリン・木元が緩急自在な投球で1失点完投勝利!




1失点完投勝利の木元康允(東大阪大柏原)

 今春は最低7得点以上の攻撃力で勝ち上がってきた初芝立命館と、秋初戦敗退から立ち直り、しっかりと実力をつけてベスト8まで勝ち上がった強豪・東大阪大柏原の一戦は、強打の初芝立命館が試合を優位に進めた。

 3回表、初芝立命館は二死二塁から4番北村嘉一の右前適時打で1点を先制する。さらに4回表、一死満塁から2番唐澤仁輔の2点適時打、3番石川薫平の適時打、4番北村の犠飛で5対0と大きくリード。

 投げては先発の木元 康允が好投。体を深く沈めて投じる右のアンダースローから、球速は常時115キロ~120キロ前後(最速127キロ)だが、手元で浮き上がっていく球筋なので、球速表示以上に勢いを感じさせ、高め・ひざ元にしっかりと速球が決まる。

 そして木元が自信とするのは100キロ前後のカーブ。緩い曲がりを見せるカーブは思わず手が出てしまうようなコースに集まり、東大阪大柏原打線はことごとくタイミングを狂わされ、マークしていた1番谷口大樹、3番高島 大輔、4番富田拓海を無安打に抑え、打線の流れを寸断させた。木元は左打者を課題にしており、左打者の谷口、高島を抑えたことには「カーブをうまく使えて自信になった」と喜んだ。

 木元は5安打、1失点完投勝利でベスト4進出を決めた。

 東大阪河内ボーイズ出身の木元は二卵性双生児の弟で、兄・木元康友(二塁手)とともに初芝立命館へ入学。入学当時は兄と一緒に二遊間を組んでいたが、1年秋に投手転向。最初はオーバーハンドとして投げ、その後はサイドになったり、オーバーになったり、投げ方がいろいろと変わった。「そのときはオーバーで投げたいこだわりがあったんです」と言う木元だが、こだわりが消えたのは2年生の夏休みのとこ。大体大浪商戦に先発した木元は初回に大量失点を喫し、「自分はオーバーでは通用しないことが分かりました」とアンダースローに専念することを決意した。アンダースローで強い球を投げるには下半身の強さが不可欠。そのために木元は走り込み、タイヤ引きなどでハムストリングスを徹底的に鍛え上げた。ピッチング練習以外では常に走り、今大会は2回戦以外は全試合で先発し、すべて完投するほどの強靭なスタミナを作り上げた。

 またアンダースローを磨くにあたって、参考にしたのが牧田和久(サンディエゴパドレス)だ。牧田のコンパクトなテークバックを参考にして出どころが見にくいフォームに改良。さらに1球1球ごとに間合いを変えるなど、「打たれにくさ」を追求してきた。

 大会序盤は調子が上がらなかったが、試合を重ねるほど調子を上げ、「今日はしっかりと投げてくれた」と楠本雄亮監督も絶賛する完投勝利であった。

 敗れた東大阪大柏原は2番手・小林 守明、3番手・藤末 流魁が無失点の好投を見せた。小林はオーソドックスな右投手。右オーバーから常時120キロ後半~133キロの速球とキレのあるスライダーを両サイドへ投げ分け、安定感抜群のピッチング。そして8回表から登板した藤末は右サイドから常時130キロ~135キロの速球を両サイドへ厳しく投げ分ける実戦派。横滑りするスライダーの切れもよく、こういう投手がリリーフで控えると心強い。夏へ向けてさらに実力を高めていくと楽しみな存在となりそうだ。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯和歌山や大阪桐蔭などが1回戦を突破!3試合を徹底レポート【近畿大会・20日 】 【ニュース - 高校野球関連】
智辯和歌山vs初芝立命館【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭が19点コールド勝利で好発進!【秋季近畿大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第85回 巨人M20点灯の立役者!石川 慎吾の高校時代は?【高校野球コラム】
東海大仰星vs初芝立命館【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
第633回 情熱を持ち続け、大阪桐蔭、履正社に対抗できるチームへ 東大阪大柏原【後編】【野球部訪問】
第632回 お前たちが変わるために俺が動いた 元プロ監督の挑戦  東大阪大柏原【前編】【野球部訪問】
第968回 目標は土井監督を超える!2年生スラッガー・田窪柊(東大阪大柏原)の成長に注目! 【2019年インタビュー】
第966回 その技量、こだわりは職人級。元プロも認めるショートストップ・桶田涼斗(東大阪大柏原) 【2019年インタビュー】
第942回 令和最初の大阪大会は3回戦が最も盛り上がる!今から見逃せない要注目のブロック!【大会展望・総括コラム】
第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社) 【2018年インタビュー】
第712回 南大阪展望 実力校が散らばり、盛り上がるのは4回戦以降か【大会展望・総括コラム】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
第708回 池田陵真(忠岡ボーイズ)強打のキャッチャーとして高校野球でもフルスイングを貫く! 【2018年インタビュー】
関大北陽vs初芝立命館【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
関大北陽vs近大泉州【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
大阪桐蔭vs寝屋川【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
初芝立命館 【高校別データ】
東大阪大柏原 【高校別データ】
平成30年度 春季近畿地区 高校野球大会 大阪府予選 【大会別データ】

応援メッセージ (6)

東大阪大柏原素晴らしい健闘まんまみーあ 2018.05.12
負けはしたが、夏に希望の出る試合でした。
特に、小林投手が素晴らしい。
大阪トップクラスの打力を持つ初芝立命館に
ヒットを1本も与えなかったのは大収穫と思います、
なんとなく、2011年の福山投手を彷彿とさせる。
あとは夏に向けて打線をしっかり鍛えれば、
甲子園を狙える実力は確実にあります。
頑張ってください!
暴れて勝ってなかじー 2018.05.12
優勝しよう
東大阪大柏原がんばれーいのさん 2018.05.12
東大阪大学柏原がんばれー!初芝立命館なんて倒してしまえ!ファイト。
初芝立命館あばれてこい!!ママ 2018.05.09
思いきっきり、あばれてこい!!
初芝立命館いつもめちゃ打つやん!初芝野球部OB 2018.05.08
もっと上を目指して頑張れ
初芝立命館このままの勢いで!初芝ファン 2018.05.08
めっちゃくちゃ応援しています。
頑張れ初芝立命館!!

応援メッセージを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る