大阪桐蔭緩む様子なし 根尾・柿木の投打の柱が活躍し2年ぶりの優勝



柿木蓮(大阪桐蔭)

 今年三度目の宿敵対決。ただ西谷浩一監督は「このチームになってから初めて履正社さんと戦う」とあくまでリセットを強調。先発マウンドに登ったのは柿木 蓮。西谷監督からは、「春、夏、国体で経験したことを生かして投げてこいといわれて、しっかりと投げてやろうと思いました」と柿木はエースにふさわしい勝てるピッチングを見せた。

 初回、大阪桐蔭は1番藤原 恭大、2番宮﨑 仁斗の連打で無死一、三塁のチャンスから、3番中川 卓也の犠飛で1点を先制。柿木は「自分は立ち上がりが悪いので、1点を先制しても、0対0のつもりで投げた」と気を引き締めて投げた初回だったが、二死一、三塁から5番井上の適時打を浴び、同点を許してしまう。しかしここからは切り替えて柿木は常時130キロ~138キロのストレート、スライダー、カーブ、フォークをコンビネーションに抑える。ストレートの調子については、「ストレートの走りは甲子園の時ほどではないですし、調子は悪く、打たれ過ぎ」という。しかしそれでも抑えることができるのは、経験がものをいうのだろう。一方、履正社の先発・清水 大成(1年)は、巧みなピッチング。テークバックをコンパクトにとり、しっかりと左オーバーから投げ込む直球は、125キロ~133キロと突出して早くないのだが、角度があり、さらに、120キロ前後のスライダーの切れもよく、110キロ前後のチェンジアップ、100キロ台のカーブを投げ分ける技巧派左腕。いずれは、140キロ台の到達も期待できる左腕だが、今はテクニックのうまさで大阪桐蔭打線に立ち向かい、5回まで1失点。1対1のまま5回を折り返す。

 6回表、大阪桐蔭が清水をとらえ、一死から5番青地 斗舞、6番井阪 太一の連打で一、二塁のチャンスを作り、清水は降板。右サイドの美野田雄介が登板。125キロ前後の速球、110キロ前後の曲がりが大きいスライダーで勝負する投手だが、8番小泉航平にストレートを振り抜かれ、二塁打に。勝ち越しに成功する。さらに7回表、一死一、三塁から5番山田 健太が甘く入ったスライダーを逃さずレフト前適時打。一死満塁から7番井坂の適時打で2点を追加。投手交代して、3番手には、120キロ後半の速球、スライダー、フォーク、カーブを武器にする植木 佑斗(1年)が登板する。植木も小泉に犠飛を浴び、6対1と点差をつけた。