2017年09月30日 豊中ローズ球場 (豊中市豊島公園野球場)

履正社vs初芝立命館

2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

履正社が本塁打4本を含む終盤の大量得点で圧勝!

 大阪2強の一角を占める履正社と、昨秋4強の初芝立命館の4回戦は、中盤に初芝立命館がリードする場面もあったが、最後は履正社が選手層の差を見せ付けて大量得点に成功し、5回戦進出を決めた。

 序盤の主導権を握ったのは履正社初芝立命館の先発・木元 康允(2年)は、少し慎重に入り過ぎた印象がある。1回表、先頭の西山 虎太郎(2年)が遊安で出塁すると、2番・筒井 太成(2年)へはストレートの四球、3番・濱内 太陽(2年)が犠打で送って一死二、三塁とすると、4番・白瀧 恵汰(2年)がきちんと逆方向へ打ち返し、手堅く2点を先制した。履正社は3回表にも井上 広大(1年)の適時打で1点を追加し、3対0とする。

 しかし3回裏から初芝立命館が反撃を開始する。履正社先発の位田 遼介(2年)から、9番・角倉 宏河(1年)が左中間を破る二塁打、1番・馬場 悠吏(2年)が中越二塁打と続いてまず1点、2番・木元 康友(2年)も中安で続き3連打で2点目、ここで投手が2番手の美濃田 雄介(2年)に代わるが、3番・石川 薫平(1年)も左中間二塁打を放ち、2投手にまたがる4連打で、一気に同点に追い付いた。
 さらに初芝立命館は5回裏。木元友と山本 銀誓(2年)の安打で一死一、三塁の好機を作ると、5番・植田 英司(2年)の打球は三遊間への安打性の当たり、これを三塁手の西川が見事に捕球するが、二塁へ悪送球してしまい逆転。なおも一死一、三塁から併殺崩れの間に1点を追加し、初芝立命館が5対3とリードして前半を折り返した。

 しかし終盤7回表、ついに履正社打線が覚醒する。3番・濱内が死球で出塁すると、まずは4番・白瀧の一発で2点。さらに一死二塁から、7番代打・内倉 一冴(1年)の二塁打で3点目、8番・野口 海音(1年)がこの回2発目となる2ラン本塁打で5点目。一死一、三塁から内野ゴロの間に6点目、極め付けは一巡した3番・濱内からこの回3発目となる2ラン本塁打が飛び出し、3本の本塁打を含む一挙8得点、試合を決めた。履正社打線は9回表にも3番手・稲森 竜紀(2年)を捉え、野口の自身2発目を含む打者一巡の猛攻で6安打5得点を挙げ、選手層の厚さを見せ付ける形で16対5の圧勝を収めた。 

 履正社が全国を見据える上で不安材料があるとすれば投手陣だろうか。今日も絶対的エースの不在を窺わせる継投だった。登板したのは、まず背番号1の位田。直球に力があり、今日は力で抑えた印象があるが、まだまだ甘い球が多く、より上位で通用するかは未知数。背番号10の美濃田は、3回裏無死一塁のピンチで登板したが走者を返してしまい、5回裏にも2失点を喫した。ただスライダーにブレーキがあり、低めに集めることができれば打たれにくくなるだろう。今日の結果だけ見れば一番良かったのは背番号11の植木 佑斗(1年)。スライダーの変化が大きく、後半4回を投げて3安打無四球無失点、二塁を踏ませない上々の内容だった。

 履正社は否が応でも全国、そして全国制覇を期待されるチームである。これらの投手陣の中から誰がエースとなり、どのような継投を確立していくのか、今後に注目したい。

(文=西村 結生)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第177回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.26 根尾昂(大阪桐蔭)「潜在能力はナンバーワン。精神的な強さが最大の武器」【ドラフト特集】
第173回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.17「甲子園での大爆発が期待したい万波中正・山田健太」【ドラフト特集】
大阪桐蔭と大阪学院大高が決勝へ!準決勝2試合を徹底レポート【北大阪大会】 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権北大阪大会】
土壇場で迎えた第五打席!試合結果とともに振り返る!【北大阪大会】 【ニュース - 高校野球関連】
履正社vs汎愛【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権北大阪大会】
第712回 南大阪展望 実力校が散らばり、盛り上がるのは4回戦以降か【大会展望・総括コラム】
第711回 北大阪展望 大阪桐蔭、履正社のブロックには実力校が集結!【大会展望・総括コラム】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
関大北陽vs初芝立命館【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
関大北陽vs近大泉州【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第73回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行【大阪・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
初芝立命館vs東大阪大柏原【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第600回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「振ってから回す」【前編】 【2017年インタビュー】
第585回 宮本 丈(履正社ー奈良学園大)「周りに左右されず、自分のやるべきことを積み重ねるだけ」 【2017年インタビュー】
第574回 安田 尚憲(履正社)「打撃の求道者、あくなき追求が劇的勝利を呼び込む」 【2017年インタビュー】
初芝立命館 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
平成29年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

初芝立命館去年の秋のベスト4を越えて甲子園へ。 2017.09.29
相手は強いと思うけど、頑張ってください。応援してます!

応援メッセージを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る