2017年09月30日 豊中ローズ球場 (豊中市豊島公園野球場)

履正社vs初芝立命館

2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

履正社が本塁打4本を含む終盤の大量得点で圧勝!

 大阪2強の一角を占める履正社と、昨秋4強の初芝立命館の4回戦は、中盤に初芝立命館がリードする場面もあったが、最後は履正社が選手層の差を見せ付けて大量得点に成功し、5回戦進出を決めた。

 序盤の主導権を握ったのは履正社初芝立命館の先発・木元 康允(2年)は、少し慎重に入り過ぎた印象がある。1回表、先頭の西山 虎太郎(2年)が遊安で出塁すると、2番・筒井 太成(2年)へはストレートの四球、3番・濱内 太陽(2年)が犠打で送って一死二、三塁とすると、4番・白瀧 恵汰(2年)がきちんと逆方向へ打ち返し、手堅く2点を先制した。履正社は3回表にも井上 広大(1年)の適時打で1点を追加し、3対0とする。

 しかし3回裏から初芝立命館が反撃を開始する。履正社先発の位田 遼介(2年)から、9番・角倉 宏河(1年)が左中間を破る二塁打、1番・馬場 悠吏(2年)が中越二塁打と続いてまず1点、2番・木元 康友(2年)も中安で続き3連打で2点目、ここで投手が2番手の美濃田 雄介(2年)に代わるが、3番・石川 薫平(1年)も左中間二塁打を放ち、2投手にまたがる4連打で、一気に同点に追い付いた。
 さらに初芝立命館は5回裏。木元友と山本 銀誓(2年)の安打で一死一、三塁の好機を作ると、5番・植田 英司(2年)の打球は三遊間への安打性の当たり、これを三塁手の西川が見事に捕球するが、二塁へ悪送球してしまい逆転。なおも一死一、三塁から併殺崩れの間に1点を追加し、初芝立命館が5対3とリードして前半を折り返した。

 しかし終盤7回表、ついに履正社打線が覚醒する。3番・濱内が死球で出塁すると、まずは4番・白瀧の一発で2点。さらに一死二塁から、7番代打・内倉 一冴(1年)の二塁打で3点目、8番・野口 海音(1年)がこの回2発目となる2ラン本塁打で5点目。一死一、三塁から内野ゴロの間に6点目、極め付けは一巡した3番・濱内からこの回3発目となる2ラン本塁打が飛び出し、3本の本塁打を含む一挙8得点、試合を決めた。履正社打線は9回表にも3番手・稲森 竜紀(2年)を捉え、野口の自身2発目を含む打者一巡の猛攻で6安打5得点を挙げ、選手層の厚さを見せ付ける形で16対5の圧勝を収めた。 

 履正社が全国を見据える上で不安材料があるとすれば投手陣だろうか。今日も絶対的エースの不在を窺わせる継投だった。登板したのは、まず背番号1の位田。直球に力があり、今日は力で抑えた印象があるが、まだまだ甘い球が多く、より上位で通用するかは未知数。背番号10の美濃田は、3回裏無死一塁のピンチで登板したが走者を返してしまい、5回裏にも2失点を喫した。ただスライダーにブレーキがあり、低めに集めることができれば打たれにくくなるだろう。今日の結果だけ見れば一番良かったのは背番号11の植木 佑斗(1年)。スライダーの変化が大きく、後半4回を投げて3安打無四球無失点、二塁を踏ませない上々の内容だった。

 履正社は否が応でも全国、そして全国制覇を期待されるチームである。これらの投手陣の中から誰がエースとなり、どのような継投を確立していくのか、今後に注目したい。

(文=西村 結生)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
背番号「11」=切り札? これまで背番号11を背負ってきた選手の活躍を振り返る 【ニュース - コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
ヤクルト、楽天はチャレンジャー?過去10年の高卒1位競合選手からドラフトを振り返る! 【ニュース - コラム】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第19回 奥川恭伸(星稜)の課題はコンディショニング。焦らず最善のピッチングを【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs高岡商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs津田学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第969回 史上初2度目の春夏連覇を達成の影に高校生活で最も厳しい練習があった 青地斗舞(同志社大)【後編】 【2019年インタビュー】
第953回 立教大の阿部慎之助となる!正捕手を目指し、野心を燃やす片山悠(立教大) 【2019年インタビュー】
第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社) 【2018年インタビュー】
初芝立命館 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
平成29年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

初芝立命館去年の秋のベスト4を越えて甲子園へ。 2017.09.29
相手は強いと思うけど、頑張ってください。応援してます!

応援メッセージを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る