苦しんだ元スーパー中学生・大石晨慈。大商大堺・西本が投げ勝つ!

 今大会の伏兵に挙げられていた春の大阪大会8強の近大附大阪商大堺に屈した。

 スターティングメンバーのうち投手の大石 晨慈、捕手の西川 勇太、二塁手の道正 陸人、左翼手の花田 大晟が2年生。下級生主体のチームは他にもあるので責められることではないが、大石に代わって2番手で登板した千代 七世、西川に代わってキャッチャーマスクをかぶった保坂 大河(スタメンでは右翼手)、道正に代わってレフトに入った髙倉 龍侑(左翼手の花田は右翼に入る)が活躍したため、監督にとっては悔いの残る選手起用になった。

   大石は中学生だった羽曳野ボーイズ在籍時、2015 U-15 アジアチャレンジマッチの代表選手に選出される、いわばスーパー中学生だった。高校も大学も勝ち切れていない近畿大学グループにとって救世主になり得る素質を秘めた選手といっていいが、そういう存在に負けん気を発揮し、力にする選手もいる。それが千代だと思う。そういう選手間の力関係をはっきり把握できていたのか、そういうことを考えさせるほど2番手、千代の投球は見事だった。

  千代の登板は大石が降板した5回途中から。最終回までの5イニングを被安打1、与四球1、奪三振7で締めたピッチングはあっぱれの一言。ストレートの最速は140キロくらい。スライダー、カットボールのキレがよく、ストレートで右打者の内角を突く勝負度胸も秘めていて、0対3の場面での起用には強い違和感を覚えた。

  得点シーンを振り返ってみたい。2回表に大阪商大堺が3点を奪った場面は一死から6、7番打者が連続安打で出塁し、8番打者のところで大石が暴投してまず1点、一死後には9番から2番まで3連続安打が続いて合計3点が入った。

  大阪商大堺の先発、西本 陸(3年)は手足の長さに特徴のある選手で、私が最初に思い浮べたのは「ベンチがアホやから野球がでけへん」の迷言で知られる江本孟猛氏(元阪神など)。体を開いて投げるフォームに特徴があり、クセの強い投球フォームの割にコントロールがよく、さらにディフェンス能力の高さも光った。

  4対3でリードした9回裏には無死で先頭打者の2番打者にヒットを打たれるが、3番打者のバントを二塁送球で封殺し、一死後にはこの走者を一塁けん制で殺してしまった。6、7回に長打攻勢で3点を奪った近大附の強力打線もこの2つの好守で意気消沈。最後の打者がレフトへのファールフライに倒れ、春の8強は1回戦で姿を消した。シード制を設けない大阪大会ならではの強豪敗退劇と言っていいだろう。

(レポート=小関 順二

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ