2強対決、第1ラウンドは履正社に軍配

投手・竹田祐(履正社)x

 試合開始直後、1番・藤原 恭大(1年)の打球が三遊間に転がった時点で大阪桐蔭ベンチとスタンドは誰もが一塁セーフを確信していた。上級生を含めてもチーム1という俊足の藤原は内野安打で出塁すると、履正社の先発・竹田 祐(2年)の執拗な牽制をかいくぐり盗塁を決める。2番・宮﨑 仁斗(1年)も詰まりながらもセンター前に落とし無死一、三塁。いきなり大きなチャンスをつかんだ大阪桐蔭はこの後二死満塁から6番・坂之下 晴人(2年)の押し出し死球で先制した。

 追う履正社は2回に9番・片山 悠(2年)の適時打で同点とすると、3回に二死二塁と勝ち越しのチャンスをつかむ。この場面で打席に立った1番・石田 竜史(2年)の打球はレフト前へ。守備位置と打球の強さ、二死ということを考えれば本塁突入かと思われたがランナーコーチの判断は三塁ストップ。直後にレフト・宮崎からホームで待つキャッチャーの岩本 久重(2年)が一歩も動かず胸の位置で捕球出来るダイレクト送球が届いた。

 強肩に阻まれた形の履正社の攻撃だが続く2番・西山 虎太郎(1年)も鋭い当たりを放つ。センター・藤原がダイビングキャッチを試みるが、打球は差し出したグローブの先を抜けて行き二者が生還。ボールが右中間を破ると西山は三塁に到達した。さらに警戒された結果、ここまで2打席連続四球だった3番・安田 尚憲(2年)が左中間フェンス直撃の適時二塁打で続く。
「センターから逆方向を意識してました。高めに来ていいところに飛んでくれました」海が目の前にある舞洲は風が強く本塁打が出にくいことで知られている。バックスクリーン上の旗はレフトからライト方向に向かってなびいていたが、安田の放った打球はどんな風もものともしないほど力強いもので、高いフェンスを惜しくも越えなかったものの、他の球場なら間違いなくスタンドインとなっていた。