2014年09月28日 舞洲ベースボールスタジアム

PL学園vs大阪商大堺

2014年秋の大会 平成26年度秋季近畿地区高校野球大阪府予選 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

見える戦術の進化

スクイズを決める宮木樹(PL学園)

 9安打10得点での7回コールドゲームで、夏に続いての決勝進出を果たしたPL学園。だが、試合後のミーティングは長かった。ベンチ入りメンバーだけのミーティングが終わると、今度は主将の謝名堂 陸(2年)、それに大丸 巧貴辻 涼介(ともに2年)の三人に対して、千葉智哉コーチのミーティングが数分間あった。

 「結果は大差で圧勝しているように見えますが、ミスなど練習の成果が出てない所があった。大阪の決勝、(その先の)近畿大会まで時間があるので、その部分を練習で修正したい」と話した謝名堂主将。

 練習の成果が出ていないと思う所を具体的に聞くと、「バッティングは積極的に、走塁も意識しているがまだ甘い。徹底できてないので、その辺りをミーティング話し合ってもっと意識させたい」という答えが返ってきた。

 確かに点は取れているしバットは振れているように見える。それでも細かい部分に目を向けると、まだまだという点が多いのだろう。裏を返せば相手との力関係で点は取れているしバットは振れているように見えるのかもしれない。

 ただ選手自身が策を考えて試合をするようになって二世代目。メンバーはほとんどが入れ替わったが、旧チームの財産も大きくあり、繰り出す戦術は少しずつ進化している。この試合でそのポイントとなる部分がいくつか見られた。

 まずは1点をリードしていた2回。一死から9番中田一真(2年)が死球で出塁すると、続く1番謝名堂はバントではなくバスター。これがヒットとなりチャンスを広げると、その後四球で満塁となって、3番辻にタイムリーで中田と謝名堂が生還した。

 この攻撃パターンが繋がったのが4点リードとなっていた5回の攻撃。ここでも一死から6番大和久 広輝(2年)がヒットで出塁する。続く打者はピッチャーでもある山本 尊日出(2年)。守る大阪商大堺は、2回にバスターを決められており、バントを含めてどんな策で来るか考える場面だ。PL学園でサインを出す背番号15の奥野泰成(2年)が色んな策を匂わせつつ、最終的に指示したのは、ヒッティング。これに応えた山本の打球がライト前へと落ちる間に、大和久は三塁まで進んだ。

 そして続く8番宮木樹(2年)がセーフティ気味のスクイズを決める。この場面も三塁走者の大和久が一度ノーマルスクイズの用にスタートを切る素振りを見せながら、一度止まって、セーフティ気味のスクイズに見せかけている。こうやって足がかりを作り、1番謝名堂の2点タイムリーでこのイニング3得点。勝負を決定づける意味で大きな意味のあるイニングとなった。

 今チームでも試合中は主将の謝名堂を中心に選手でどうゲームを進めるかを決め、サインも控え選手の奥野が出すPL学園。監督登録の正井一真校長も2年目のベンチとなりダミーサインを出すようになった。これで時に奥野自身がダミーサインを出して、他の選手も一部で本当のサインを出すようになれば、さらに相手を撹乱できるかもしれない。

 そんな妄想をさせてくれるだけの魅力を、PL学園の野球から感じる。  

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
打撃でも目立つセ・リーグの主力投手。特に広島のエース・大瀬良大地は圧巻 【ニュース - 高校野球関連】
2試合連続完投勝利&マルチヒットの大瀬良大地(長崎日大出身)は大エースへの道に突き進む 【ニュース - 高校野球関連】
第1110回 プロを目指して名門街道を駆け抜けた。世界一を知る今江敏晃コーチ(PL学園OB)から球児たちへのメッセージ 【2020年インタビュー】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第1回 智辯和歌山 名誉監督・高嶋仁氏 ×PL学園元監督 中村順司氏 「練習時間の短縮化」と「野球人口減少」を名将たちはどう考えるのか?【変わりゆく高校野球】
第9回 球史に名を刻む名将・高嶋仁氏(智辯和歌山 名誉監督)、中村順司氏(PL学園元監督)が考える球数制限【球数制限問題】
第1080回 桑田真澄(PL学園) PLに大きく育ててもらい、そして甲子園でさらに大きく育ててもらった 【2019年インタビュー】
大阪商大堺vs東海大仰星【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第950回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【前編】 【2019年インタビュー】
第958回 今年がラストチャンス!並々ならぬ決意で臨むPL戦士・中山悠輝(東京ガス) 【2019年インタビュー】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
第538回 爆発力で勝ち取ったベスト8!チームの意識を変えて挑んだ岩倉(東京)【前編】【野球部訪問】
大阪商大堺vs港【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
近大附vs大阪商大堺【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権南大阪大会】
大阪商大堺vs上宮太子【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権南大阪大会】
大阪桐蔭vs大阪商大堺【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
大阪商大堺 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】
秋季大阪府予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る