2014年09月06日 豊中ローズ球場 (豊中市豊島公園野球場)

履正社vs柏原東

2014年秋の大会 平成26年度秋季近畿地区高校野球大阪府予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

新エースは1年生!

新エース・寺島成輝(履正社)

 1回、3番松島 恒陽(2年)が三塁線を破るタイムリー二塁打を放ち先制した履正社。3回には二死一、三塁から7番岡田 瑛人(1年)の二塁打と8番塚畝諒(3年)の三塁打で3点を追加。さらに4回には松島がレフトへ2ランを放ち勝負を決定づけた。

 先発したのは新エースになった寺島 成輝(1年)。岡田龍生監督は「8月の実戦で一番結果を出した」と溝田 悠人永谷 暢章(ともに2年)の両投手を凌ぐ活躍を見せてのエースナンバー奪取だったことを明かす。

 その寺島は序盤こそ、「上体だけで投げていて、思うようなピッチングができなかった」と納得していなかったようだが、4回以降は、「下半身が使えるようになった」と徐々にリズムに乗った。終わってみれば、6回で13奪三振。コールドゲームだったが、これ以降で投げ続けても、さらに三振を奪えた内容だった。

 夏場は野手練習にも参加しながら、グラウンド横のサッカー場で走り込んだという寺島。初めて背負う背番号1に、「嬉しいという気持ちもありますが、責任がある番号。そこを意識したい」と気持ちを引き締めた。

 一方敗れた柏原東は、エース左腕の島木竜(1年)が与四球2と踏ん張ったが、守備のミスが失点に繋がった。ベンチからは、「やれることをしっかり!」、「いつものプレーを!」などの声が飛ぶ。これからの課題は明確だろう。 

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
熾烈極める近畿大会を制するのは?強豪校多数出場の大会展望を見ていく! 【ニュース - 高校野球関連】
第799回 大阪2強など強豪校が勢ぞろい!激戦の近畿大会を勝ち抜くのは?【大会展望・総括コラム】
履正社が大阪桐蔭を下し優勝!!【大阪秋季大会予選・14日結果】 【ニュース - 高校野球関連】
履正社vs東海大仰星【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第177回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.26 根尾昂(大阪桐蔭)「潜在能力はナンバーワン。精神的な強さが最大の武器」【ドラフト特集】
第173回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.17「甲子園での大爆発が期待したい万波中正・山田健太」【ドラフト特集】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権北大阪大会】
履正社vs汎愛【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権北大阪大会】
第711回 北大阪展望 大阪桐蔭、履正社のブロックには実力校が集結!【大会展望・総括コラム】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
関大北陽vs近大泉州【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第73回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行【大阪・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
興國vs履正社【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第600回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「振ってから回す」【前編】 【2017年インタビュー】
第585回 宮本 丈(履正社ー奈良学園大)「周りに左右されず、自分のやるべきことを積み重ねるだけ」 【2017年インタビュー】
第574回 安田 尚憲(履正社)「打撃の求道者、あくなき追求が劇的勝利を呼び込む」 【2017年インタビュー】
柏原東 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
秋季大阪府予選 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

履正社目指すは優勝✨ななこ 2014.09.05
ついに秋季大会ですね!
甲子園出場を果たせなかった分、今回の大会で優勝を目指してください!!!!新しいメンバーでの大きな試合…!みなさんのいつものかっこいい履正社野球を見せてやってください!ずっとずっと、離れた東京から応援しています!
優勝目指して頑張れ履正社!!

応援メッセージを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る