エース山城京平を完全温存で制覇した興南



興南・大山北斗

 「何なら山城も出すよと準備はしていたよ。」試合後の我喜屋監督は、ここまで1イニングの登板も無い絶対エース山城 京平に、ブルペンで投げさせていたことを示唆。9回裏、簡単に終わらない終わるはずがない沖縄尚学の攻撃に備えていたが、最後は併殺で無事優勝することが出来たことも、興南の底力を示したかっこうとなった。

追加点が欲しいところで主砲が復活のアーチ



主砲・盛島稜大(興南)

 初回、トップの禰覇盛太郎がセンター横を襲う二塁打で出塁すると、続く呉屋輝にもヒットが出て一・三塁。ここで3番山形球道がセンターへ犠牲フライを放ち興南が先制する。

 しかしその後が苦しかった。沖縄尚学先発の仲宗根 大斗の前に追加点が奪えない興南。だが、この日の興南大山北斗には、この1点で十分だった。

 1回から4回までノーヒットピッチング。5回、先頭の大城凌我に初ヒットを許し二死三塁となるも最後は三振斬り。8回を終えて沖縄尚学打線を僅か2安打に抑え続けた。

 一方興南は6回、主砲の一発が飛び出す。4番盛島 稜大が思い切り引っ張ると、打った瞬間それと分かる柵越えソロアーチ。準々決勝の3試合まで12打数1安打と悩める大砲が、完全復活を見せた大きな一発で流れが大きく興南に傾く。

 一死後、主将宮城琉人がセンター前ヒットで出塁すると犠打で送り打席には大山北斗。シュアなバッティングでセンター前へ運び沖縄尚学仲宗根大斗を実質KOした。

 9回にも、盛島 稜大の左中間一番深いフェンス直撃のタイムリー二塁打が生まれ得点を重ねた興南。「点も取られていないしヒットも打たれていない。でも最初から飛ばしてちょっとバテていたからね。」その裏、仲宗根皐と知念 大河の連打で粘る沖縄尚学に対し、あっさりと大山北斗から上地杜和へスイッチした我喜屋監督。その期待に応え最後は6-4-3の併殺で締めた興南が、2年振り8度目の春季大会制覇。「そりゃ出るからには上を狙うよ。」通算31度目となる九州地区高校野球大会への出場権も手に入れた。

 大崎明豊福岡大大濠宮崎商ら強豪の胸を借りるだけでなく、成長した大山北斗と山城 京平の左右両輪を中心とした野球で、九州を獲りに行く。

(取材=當山 雅通