2020年09月27日 コザしんきんスタジアム

日本ウェルネスvs中部商

2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

日本ウェルネス沖縄が投打で圧勝。ベスト16へ進出



完投した日本ウェルネス沖縄・東恩納

 鮮やかな先制、グラウンド整備後の中押しに二桁安打となるダメ押し。投げては制球に苦しみながらも東恩納音が6安打2失点で完投。日本ウェルネスが強豪中部商を投打で圧倒し、ベスト16へとコマを進めた。

電光石火の先制劇

 それはもう見慣れた光景と言ってもいいかも知れない。去った夏の独自大会、敗れた八重山戦も含めて日本ウェルネスの先制劇は、新チームとなったこの秋大会でも健在だ。

 初回、1番平良光汰が綺麗な、美しさを覚えるようなヒットで出塁。2番に座る川平真也が死球。確実に得点に結びたいが日本ウェルネスは一味違う。3番平良一葵が絶妙なバントヒット。足も速く一塁セーフで無死満塁とした。前チームコンズ七斗の跡を継ぐ新4番の宮城沙己哉(みやぎ・さこや)がセンター前へ弾き返し二者が生還。続く宮城塁が選球眼の良さを生かし四球を選ぶと、6番東恩納音はレフトへの犠牲フライ。三走が楽にかえり電光石火の3点を奪った。1番から5番のうち4人が前チームの主力を務めていただけあり、瞬時に相手を飲み込む怖さがこの新チームにはある。

 対する中部商も黙っていない。その裏、四球と犠打、そして3番渡久山夢斗の大きなセンターフライで三塁へ進めると、4番平川渚がライト前へ運びすぐさま1点を返した。

中押し、ダメ押しと理想的な攻撃

 その後こう着状態が続いた両軍だが、グラウンド整備後の頭となる6回に日本ウェルネスが再び牙を剥く。二死一塁から7番仲間拓人一倍がライト前へヒット。続く平良亮祐が左中間を破る2点タイムリー二塁打を放つ。粘っていた中部商にとってこの一打は痛かった。

 9回には平良一葵のタイムリーも飛び出しダメ押し点。中部商も5回、6回、7回とマウンドの東恩納音を攻めたが1点しか奪えず完敗。
 夏の準決勝で、苦い逆転負けを経験した日本ウェルネス。その悔しさをはらすには、公式戦初の頂点しかない。

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
沖縄尚学vs沖縄水産【沖縄県 2020年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
リベンジ成功!興南が日本ウェルネスを破った準々決勝を徹底レポート!【秋季沖縄県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
興南vs日本ウェルネス【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
山川穂高が日本人最速の150号を達成!次に狙うは沖縄高校出身2人目の200本塁打 【ニュース - 高校野球関連】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
八重山vs日本ウェルネス【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
都立足立西vs日本ウェルネス【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
日本ウェルネスvs都立足立新田【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
第1028回 都立高の矜持を胸に「打倒・強豪私学」を誓う 都立日野が冬に掴んだ精神的な強さ【野球部訪問】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第871回 上原 忠(沖縄水産)という野球人の生き方【後編】~憧れの師との数奇な運命~ 【2019年インタビュー】
第870回 上原 忠(沖縄水産)という野球人の生き方【前編】~具体的な目標を立て行動した学生時代~ 【2019年インタビュー】
第621回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「バットを振る筋力はバットを振ってつけるべき」【後編】 【2017年インタビュー】
第620回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「強い打球を打てて、確実性が高いフォームを求めよう」【前編】 【2017年インタビュー】
第442回 山川 穂高選手(埼玉西武ライオンズ)「まずはストレートを100パーセント打てる選手になろう」【後編】 【2016年インタビュー】
中部商 【高校別データ】
日本ウェルネス 【高校別データ】
第70回 沖縄県高等学校野球秋季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る