難敵を下し2年連続8強入り



エンドランで先制点を決める美里工・上原拓

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 春、沖縄尚学を下しベスト4となった中部商。その難敵に逆転されるも、中盤を制した美里工がベスト8へ進出した。

見事な特攻隊長!美里工饒平名


 勝利を運んだ1番饒平名琉磨。この日6打席回ってきて5度出塁。饒平名琉磨自身は2得点も、出塁5度中4度のイニングで美里工は得点した。

 1回、美里工は饒平名琉磨がレフト前ヒット。犠打とワイルドピッチで三塁へ進むと3番上原拓馬の一ゴロの間に生還した。

 初戦で好投を見せた美里工上間玲於だが2回、ヒットと二つの四球で満塁とし中部商1番上原楓翔に逆転タイムリーを浴びてしまう。ピリリとしない投球に美里工神谷嘉宗監督は「弱気なピッチングに見えるんだよね。」その程度なら、今後二度と投げさせないぞ。指揮官のハッパに右腕が応える。3回、4回と三者凡退斬りで流れを持ってくると打線も4回、饒平名琉磨のタイムリーと押し出し四球で再びリードした。

中盤、一気の押しで大勝


 美里工は5回、二つの四球とワイルドピッチでチャンスを得ると高江洲正太郎のスクイズで加点。さらに相手のエラーでもう1点を加える。6回にも二つの四球でチャンスをもらい、6番大城稜真がライト前へタイムリー。中盤の3イニングで5得点を加える。さらに7回にも4番富島力斗の2点タイムリー二塁打が飛び出し、計8得点。

 投げては上間玲於、山城竜輝、大城稜真が中部商打線を抑え勝利。最後の2イニングを、ノーヒット3奪三振に抑えた美里工の大魔神こと大城稜真については、「自信が溢れている。プロの投手みたいだね。高校野球なんだからもう少し謙虚でも良いのに(笑)。」と称えた。

 エースナンバーの左腕與古田美月を投げさせることなく完勝した美里工。次なる沖縄水産戦でも、好調の打線が古波藏 悠悟を捕らえられるかどうか。注目が集まる。

 敗れた中部商だが、打線が6安打に抑えられては中々得点出来ない。加えてバッテリーエラーが多かったのも痛かった。そんな中、二番手でマウンドに上がった金城朋弥が145kmをマーク。この大器の片鱗が、上のステージで磨かれることをせつに願う。

記事=當山 雅通