2020年07月05日 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇)

未来沖縄vs浦添

2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

主砲の活躍でKBC学園未来沖縄が初戦突破

 KBC学園未来沖縄の4番喜多慧人がホームランを含む4打点と活躍。7回に大量点を奪い、打撃戦を制した。

試合の主導権を握ったのは浦添


 KBC学園未来沖縄は2回、9番松竹嬉竜のタイムリーで先制。しかし浦添は4回、川満丈矢がポールを直撃する2ランホームランを放ち逆転。KBC学園未来沖縄が2安打のままなのに対し、浦添は毎回走者を出すなど6回までの主導権は浦添が握っていた。だが7回、KBC学園未来沖縄の打線が爆発する。

冴えるベンチの采配。そして主砲の一撃!


 KBC学園未来沖縄は7回、一死から7番喜屋武竜弥がレフトへの二塁打を放ち、のろしを上げる。次打者が四球を選ぶとベンチが動く。エースの打席で代打に金城憲汰を送る。これが見事的中。金城憲汰がライト前へ弾き返し同点に。2番東大夢に2点タイムリーが出ると締めは4番喜多慧人だ。

 これまでの3打席で凡退していた主砲が思い切り振り抜いた打球はレフトへ。頭上を越えた打球は芝生席へと跳ねる3ランホームラン。劣勢だったKBC学園未来沖縄が、大量6点を奪った。

 追い込まれた浦添だったが、素晴らしい粘りを見せる。その裏2番垣花健太朗がヒットで出塁。続く吉澤吏虎はバントの構え。これでは5点差は追い付けないと思いきや、垣花健太朗の盗塁を演出。

 吉澤吏虎は執念の内野安打で一・三塁。4番新垣麻陽が落ち着いて四球を選び無死満塁とした。その後、長浜翔太、川満丈矢、濱比嘉隆人にタイムリーが飛び出すと、途中出場兼次颯汰にも犠牲フライが出て4点を返し1点差まで迫った。

 試合は9回、2点を加えたKBC学園未来沖縄が9対6で勝利。終盤で魅せた両チームの、意地と粘りが見事な見応えある試合だった。

(取材=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
浦添商vs宜野座【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
美里工vs浦添工【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
【沖縄】秋季大会が開幕!今夏Vの八重山がコールド発進<20日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
【沖縄】八重山、沖縄尚学らの初戦は?秋季大会の組み合わせ決定 【ニュース - 高校野球関連】
未来沖縄vs美里工【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
北山vs未来沖縄【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第922回 盤石の選手が揃う興南を倒すのはどこだ?!対抗馬・北山のブロックは実力校が続々登場!【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
未来沖縄vs名護【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集コラム】
第169回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.13「宜保翔、勝又温史」【ドラフト特集コラム】
第713回 宜保 翔(KBC学園未来高校沖縄)強烈な個性と圧倒的努力で「やりたいことをやり切る」 【2018年インタビュー】
浦添 【高校別データ】
未来沖縄 【高校別データ】
2020沖縄県高等学校野球夏季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る