2020年03月26日 北谷公園野球場

開邦・南部農林・辺士名・真和志vs沖縄高専

2020年春の大会 春季沖縄県大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

ひとつになった4校連合がコールド勝ち



仲宗根 匠(真和志)

 開邦・南部農・辺土名・真和志の4校連合が見事なコールド勝ちを収めた。連合校は2回、4番竹内嵩馬のヒットと2つの四球で満塁。9番平田吹輝もボール球を見極め先制点を奪う。続く3回には二死二塁から6番山口恵史がセンター前へタイムリー。さらに5回、一死からヒットとワイルドピッチ、四球で一・三塁として、7番安慶名真生がスクイズを成功させた。

 7回にも9番平田吹輝が二塁打を放つと、1番平良基が見事なバントヒットを決めるなど見せ場を作った4校連合が、8対1の7回コールド勝ち。連合とは思えないほどの一体感が、グラウンドいっぱいに満ちていた素晴らしいゲームだった。

 また、一塁コーチャーとして透き通る声で、最初から最後までナインを励ます言葉をかけていた上原爽太の存在も忘れてはならない。やっと10人になった4チームの、一体感には欠かせないものだった。

 「集まって最初にやったゲームが20点差で大敗して」とは連合チームの監督を務めた照屋圭一郎先生。「難しいのはコミュニケーション。それが出来た結果」と、勝利に導いてホッとした表情を見せた。

 好投した仲宗根匠は、秋の4校連合でも先発。「あのときは(7失点)ダメでしたが、今回はコントロールも良く、上出来でした」と、ハニかんだ。

(取材=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
春季沖縄県大会の日程変更が決定!!いつ開幕する? 【ニュース - 高校野球関連】
春季沖縄県大会の組み合わせが決定!沖縄尚学、興南、八重山農林の注目校の初戦の相手は? 【ニュース - 高校野球関連】
石川vs沖縄高専【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
球陽vs沖縄高専【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
第707回 明日開幕!激戦必至のコザや興南など強豪校多数のC,Dブロック!【大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
第630回 21日開幕!!沖縄尚学、沖縄水産を追う学校は?【前編】【大会展望・総括コラム】
北部農林vs沖縄高専【沖縄県 2016年秋の大会 第66回沖縄県高等学校野球秋季大会】
豊見城vs沖縄高専【沖縄県 2016年春の大会 春季沖縄県大会】
沖縄高専vs中部農林【沖縄県 2014年夏の大会 第96回選手権沖縄大会】
第10回 第96回全国高等学校野球選手権沖縄大会 展望【沖縄県の大会展望・総括コラム】
沖縄高専 【高校別データ】
開邦・南部農林・辺士名・真和志 【高校別データ】
第67回 沖縄県高等学校野球春季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る