2019年11月08日 宜野座村野球場

知念vs沖縄工

2019年 第44回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

先制された直後に逆転した知念が5年振りのベスト8へ

 3回、2点を失う嫌な展開だったが、上位打線が一気に爆発し4点を奪取。そのままリードを保ち勝利した。

 

地区予選から無敗。その打棒が3回に爆発した知念



知念先発の銘苅

 試合は知念・銘苅、沖縄工・上原紳の両エース良い立ち上がりでノーヒットの両軍だったが3回に試合が動く。

 二死無走者の沖縄工は、1番大城駿がレフトへの二塁打でチーム初ヒット。四球を挟み3番野原一輝がセンターを襲うタイムリー三塁打で二者が生還。2点を先制した。

 知念はその裏、四球の走者を二塁へ進めると1番國吉翔太がレフトオーバーのタイムリー二塁打。2番仲里洸哉もレフト前で続く。ここで3番糸数律輝がセンターの奥まで運ぶ逆転の2点タイムリー三塁打。さらに四球を挟んで5番與那覇幸輝が、無警戒をつくスクイズで一挙4点をボードに刻み込んだ。

 中盤は落ち着きを見せた両投手の好投でゼロが並んだが7回、知念は6番の嘉数歩が左中間へ二塁打を放つ。ゴロで三塁へ進めると8番城間理希が、キッチリとセンター前へ運び貴重な追加点。「あのセンター前。こういう打撃をしていこうと、みんなで取り組んでいる最中です。」照屋拓己監督は、4本の長打に目を奪われがちな力ある打線ではなく、確実性の高い打撃も見せた一年生たちの勝利に目を細める。

 投げては銘苅が7回を5安打3失点。終盤、集中力が甘くなったところをつけ込まれたものの、試合を作り続けた。

 敗れた沖縄工だが、追加点を奪われた8回に、6番仲里琉景がタイムリーを放つなど粘りを見せてくれた。サウスポー上原紳之祐も、動揺した3回を除き低めに制球されたピッチングを披露。100球に近づいた7回から制球が乱れ、8回に降板となったがまだ一年生。これからが楽しみだ。

(文・写真=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【沖縄県展望】Dブロックは中部商、沖縄尚学、沖縄水産などが揃う激戦区に!参加校数59校の頂点に立つのは? 【ニュース - コラム】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
球数制限が初めて導入され行われた沖縄県春季大会。関係者の本音は? 【ニュース - 高校野球関連】
日本ウェルネスvs知念【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
沖縄工vs糸満【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
知念vs嘉手納【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第986回 【秋季沖縄県大会】沖縄尚学が投打で力を発揮しつつも、波乱を起こす新星が現れた沖縄の秋【大会展望・総括コラム】
明石商vs沖縄工【2019年 練習試合(交流試合)・春】
沖縄工 【高校別データ】
知念 【高校別データ】
第44回 沖縄県高等学校野球1年生中央大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

知念故郷ゆき 2019.11.13
山口から応援してます。
知念知念高校父母 2019.11.09
知念強い。
応援してます。
知念勝利サム 2019.11.08
知念高校勝利目指してがんばって!!
知念野球せいや 2019.11.07
知念高校がんばってください。

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る