2019年09月24日 コザしんきんスタジアム

宜野湾vs具志川商

2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

宜野湾がシード具志川商を投打で圧倒しベスト8へ



宮里陽政(宜野湾)

 ともに2年連続のベスト8へ王手をかけた両チーム。好ゲームが期待されたが、宜野湾が投打で具志川商を圧倒。快勝で5度目の8強入りを決めた

 宜野湾は初回、一死一塁として3番松堂夢己がレフト前へ運ぶ。続く4番大城心輝の会心の当たりはセンターを襲う長打となる。二者が生還するタイムリー二塁打で先制した。

 追う具志川商はその裏、1番富山優日が内野安打で出塁。2番粟国陸斗はバントの構えを見せる。とその直後。チャージをかけてきた宜野湾野手陣の上をフワリと浮かせるプッシュバント。セカンドベースのカバーに行こうとしていたショートの前に落ちる。新人大会準優勝の技を見せるかのような、絶妙なバントヒットで一・二塁とした。

 犠打で送ると、宜野湾マウンドの宮里陽政にストライクが入らなくなる。4番に死球を与えると、5番には押し出しの四球。しかし気を取り直し、後続を三振、サードゴロに斬った粘りと切り替えの早さが、チームを勝利へと導いていった。

 宜野湾は3回、一死から2番具志堅統哉がレフト前へ。次打者の死球の後、4番大城がレフトへ運ぶタイムリーで加点。絶好調の大城は、5回にもセンター前へ運ぶ3打席連続タイムリーとバットコントロールと集中力を魅せた。4打席目こそショートゴロに倒れたが、9回の5打席目はきっちりと四球を選び、5番知念陽生のタイムリーへと繋げる活躍。4打数3安打4打点の4番の活躍で、チームを2年連続ベスト8へと導いた。

 宜野湾・宮里は2回から5回まで毎回安打を放たれるものの、三塁を踏ませない好ピッチング。6回から8回まではノーヒットに抑えるなど、被安打7の最小失点で完投。宜野湾が投打で具志川商を圧倒したゲームだった。

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
宜野湾vs昭和薬大附【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
春季沖縄県大会を展望 沖縄水産と興南が同ブロック、そして八重山農は春も躍進か?【後編】 【ニュース - コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
2020年の沖縄県高校野球を占う 名将の采配と勢力図をズバリ予想! 【ニュース - コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第986回 【秋季沖縄県大会】沖縄尚学が投打で力を発揮しつつも、波乱を起こす新星が現れた沖縄の秋【大会展望・総括コラム】
第971回 部員13名で旋風起こす八重山農か?主砲が打率10割と大暴れの美里工か?【秋季沖縄県大会準々決勝 展望・後編】【大会展望・総括コラム】
興南vs具志川商【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
与勝vs具志川商【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
沖縄尚学vs具志川商【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs宜野湾【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
宜野湾 【高校別データ】
具志川商 【高校別データ】
第69回 沖縄県高等学校野球秋季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る