2019年09月10日 コザしんきんスタジアム

名護vs向陽

2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会 一回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

盤石のWエース。名護が好スタートで初戦突破



名護先発の古波蔵

 前チームでもマウンドを守ったWエースの古波蔵と屋冨祖。それぞれ4イニングずつを投げさせたあたりに、名護川上監督の二人に対する期待の大きさが感じられた。

公式戦初勝利は嘉手納の目を少し覚ます良薬となった

 名護は初回、先頭の金城樹がセンター前ヒットで出塁。次打者は犠打も、相手の連携がうまくいかず一・二塁となる。3番仲村も送りバントを試みるが、絶妙の位置に転がりセーフ。その隙に二走が一気に本塁を狙うと、相手の悪送球を誘い出し1点。さらに一塁走者までもが還り2点目。その後一死三塁として6番古波蔵もスクイズ。手堅く3点目を奪った。

 これで主導権を握った名護は3回、一死から4番仲本がライトオーバーの三塁打。続く古波蔵がセンター前へきっちりとはじき返し中押し点。中盤は苦しんだが8回、二死二塁から7番吉濱のライト前タイムリーでダメ押し点を刻んだ。

 投げては先発の古波蔵が4回を1失点。制球に苦しんだものの、2安打1失点と粘ったのはさすが。もう一人のエース屋冨祖が二番手として登板。こちらは3安打無失点の好ピッチングを見せた。Wエースがともに4イニングずつを投げることが出来たのも、次戦に向けての好材料だっただろう。

 敗れた向陽だが、3回、二死満塁から1年生外間の内野安打タイムリーで1点を奪ったのはチームの今後の自信に繋がるか。アンダーハンドの先発太田も、8回を投げ四死球僅か1個の制球力は見事。もう少し低めに集めることが出来且つ、打撃陣も振り込みで3点を奪えるようになれば十分戦える。そんな春を期待したい。

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
野球競技人口減少をアプリで食い止める!元甲子園球児の挑戦【後編】 【ニュース - パートナー情報】
野球競技人口減少をアプリで食い止める!元甲子園球児の挑戦 【ニュース - パートナー情報】
第629回 第3勢力として2強の壁に風穴を開けろ!初の甲子園への道を切り開く和歌山東(和歌山)【後編】【野球部訪問】
松本県ヶ丘vs下諏訪向陽【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
宮津vs向陽【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
名護vs名護商工【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第934回 智辯和歌山、市立和歌山の2強を追いかける有力校にも要注目!【和歌山大会展望】【大会展望・総括コラム】
北中城vs向陽【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第879回 智辯和歌山、市立和歌山の2強に割って入る台風の目は?春季和歌山県大会の展望を考察!【大会展望・総括コラム】
未来沖縄vs名護【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
第805回 2強時代の到来か?秋季和歌山大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
向陽 【高校別データ】
名護 【高校別データ】
第69回 沖縄県高等学校野球秋季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る