2019年04月04日 北谷公園野球場

興南vs沖縄水産

2019年春の大会 春季沖縄県大会 決勝戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

走者を背負えば背負うほど、難攻不落となる宮城大弥



見事な投球で優勝に導いた宮城大弥(興南)

 興南は初回、死球と勝連 大稀の二塁打でチャンスを作る。ここで4番宮城 大弥。センター前へキッチリ返し先制点を挙げた。興南は2回、黄のヒットと盗塁で無死二塁と攻め立てるが、ここは沖縄水産先発の古波藏 悠悟が落ち着いた見事なピッチング。センターフライ、ファーストフライ、三振と締めた。だが3回、興南は一死から四球と宮城のヒットで一・三塁とすると、遠矢 大雅の犠牲フライで追加点を挙げた。

 追う沖縄水産はその裏、二死一塁から2番比嘉がヒットで繋ぐと、3番真栄城 徳二郎がライトへ運び1点を返した。

 沖縄水産は4回裏、先頭の金良 涼介がレフト前ヒットで出塁すると、興南ベンチが動く。センターから宮城がマウンドへ。続く宮里がヒットを放つとエラーも絡み一死二・三塁のチャンスを得る。しかし、走者を背負えば背負うほど、本領発揮するのが宮城。準決勝の北山戦のように、集中力を高める。

 「走者が三塁にいるときは、思考をより深めて投げているので、スクイズが来るというのは分かるようになってきた。」見事スクイズを見破り三振。三本間に挟んだ走者もアウトにする併殺で得点を許さない。

その後、宮城の快投は想像の域を超える。6打者連続三振を含む、打者20人から15奪三振!7回表には自らのタイムリー二塁打で3点目を奪い、最終回裏も三者三振斬りと圧巻のパフォーマンス。打って投げてのスーパー二刀流を披露した怪童左腕の活躍で、興南が4年振りの優勝を果たしたのだった。

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
春季沖縄県大会を展望 沖縄水産と興南が同ブロック、そして八重山農は春も躍進か?【後編】 【ニュース - コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
春季沖縄県大会の組み合わせが決定!沖縄尚学、興南、八重山農林の注目校の初戦の相手は? 【ニュース - 高校野球関連】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第7回 2019年沖縄の高校野球は『燃』えるような試合ばかり!漢字一文字で1年間を総括!【沖縄の高校野球】
第999回 小さな学校大きな夢! 21世紀枠九州地区代表・本部高校(沖縄)【野球部訪問】
第6回 沖縄担当・當山雅通が選ぶ、2019年沖縄県高校野球ベストゲーム!【沖縄の高校野球】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs具志川商【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
沖縄水産vs美里【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
沖縄水産vs明石商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
沖縄水産 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
第66回 沖縄県高等学校野球春季大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

沖縄水産チバリヨー沖水てぃーだ 2019.04.04
秋に続き優勝目指して頑張って下さい。
応援してます。

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る