2019年03月26日 北谷公園野球場

知念vs美里工

2019年春の大会 春季沖縄県大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

これが野球の難しさであり、野球の醍醐味である



勝利の立役者の一人。知念・平良勘人

 8回表までは完全に美里工のペースだったがその裏、一つのプレーから流れが一気に傾く。誰も予想出来ない終盤の展開こそ、野球の難しさであり醍醐味であった。

 7回まで僅か2安打の快投を見せた美里工・吉山

 美里工の先発はエースナンバーの吉山朝陽。内、外と制球抜群の上、テンポ良く投げ込み知念打線を翻弄。なんと7回まで僅か2安打。だが、その2安打を許した、たった一人の打者に試合を持って行かれるとは、誰一人想像しなかっただろう。

 美里工は初回、一死から死球の走者を置いて3番兼島大南がレフトへ二塁打。続く富島力斗が四球を選び満塁とすると、5番上間玲於がライトへ高々と打ち上げる犠牲フライで先制した。2回以降ノーヒットだった美里工だが6回、1番仲村北斗のレフト前ヒットを足がかりに二死二塁として、4番富島がセンター前に運び、欲しかった追加点を挙げた。

 試合全てを一人で決めた知念・平良

 7回まで9つの三振を奪い、2安打ピッチングの美里工・吉山の前に、手も足も出ない状態の知念だったが8回裏、この回先頭の新里大貴の打球は吉山の前へ。これがラッキーなヒットとなり一塁へ到達。知念のベンチとスタンドがここぞとばかり盛り上がる。すかさず美里工野手陣もマウンドへ集まり、互いに声を掛け合う。しかしここで迎えたのが知念のラッキーボーイ平良勘人。

 7回までチーム唯一の2安打を放っていたのがこの平良。ベンチのサインは犠打。これが吉山の前に転がる。二塁へ転送したが足が速くセーフとなるフィルダースチョイスで、知念応援団の歓声が一段と上がる。その後満塁とされた吉山だったが、気迫がこもった10個目の三振を奪ったものの、見えない流れは知念へ傾きつつあった。次打者に対しまさかのワイルドピッチで遂に失点。だが、何とかその1点のみに抑えベンチへ下がった。

 9回裏、変わった投手から知念は四球の走者を置いて3番山内琉聖がセンター前へ運び一・三塁。ここで4番仲地裕輝が犠飛を放ちついに同点とした。なおも二死一・二塁として打席には平良。"持っている男"は、最後も劇的に決める。ライトへのサヨナラ二塁打で幕切れ。知念が終盤2イニングを制しベスト16へ進出した。

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
沖縄水産が盤石の体制!沖縄県の夏の展望を紹介!【後編】 【ニュース - コラム】
第923回 県内随一の戦力誇る沖縄水産が登場!潜在能力が高い沖縄工にも注目【大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
最強レフティー要する興南が最右翼!沖縄県の夏の展望を紹介! 【ニュース - コラム】
第922回 盤石の選手が揃う興南を倒すのはどこだ?!対抗馬・北山のブロックは実力校が続々登場!【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第10回 知念(沖縄県)「沖縄に知念旋風を巻き起こし、学校創立初の甲子園へ!」【僕らの熱い夏2019】
北山vs知念【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
美来工科vs美里工【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第764回 九州大会への出場2枠を目指す沖縄大会を、各ブロックごとに展望!【大会展望・総括コラム】
具志川商vs美里工【沖縄県 2018年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
八重山vs美里工【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
第707回 明日開幕!激戦必至のコザや興南など強豪校多数のC,Dブロック!【大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs美里工【2018年 練習試合(交流試合)・春】
知念 【高校別データ】
美里工 【高校別データ】
第66回 沖縄県高等学校野球春季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る