2019年03月25日 北谷公園野球場

未来沖縄vs名護

2019年春の大会 春季沖縄県大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

苦しみながらもシーソーゲームを制した前年度王者


 宜保 翔(オリックス)を中心とした昨年、春の頂点に立ったKBC学園未来沖縄名護の見事な攻守に苦しんだが、終盤の強さを発揮して初戦突破を果たした。

苦しい終盤、ワンヒットで同点にした4番神里



1KBC学園未来沖縄・金城

  先制したのは名護。2回、四球の走者を内野ゴロの間に二塁へ進める。ここで9番屋冨祖海の打球はセンター前へ。ショートの伊波、センター神里志温が懸命に追うも、その間に落ちるタイムリーとなった。追うKBC学園未来沖縄は4回、一死から9番當山信斗のレフト前ヒットを足がかりに一・三塁としクリーンアップへ。3番喜多慧人が期待に応えライト前へ運び同点とした。

 その裏名護は二死から8,9番が連打でトップへ。1番宮城来樹の当たりはライトへ。風にも乗った打球はグラブを差し出す野手の上を越え、2点タイムリーとなった。5回、KBC学園未来沖縄は二死二塁から、8番玉城舜基のセンター前タイムリーで1点。さらに當山にもタイムリーが出て再び追いつくが、その前に盗塁を決めていた玉城の足とベンチの采配も見事だった。

 グラウンド整備が終わった6回、KBC学園未来沖縄はヒットの走者を内野ゴロで進めて4番神里が、レフトへのタイムリー二塁打を放ちついに勝ち越し。その後、相手のワイルドピッチで神里が生還した。だが名護の粘りも凄まじかった。

 その裏、下位打線でチャンスを作り二死満塁としてクリーンアップへ繋げる。ここで3番比嘉優宇がセンター前への同点タイムリー。4番城間が死球で出塁すると、5番上原舜がレフト前へ運び相手を突き放した。

苦しいときこその4番


  1点を追う終盤8回。何とか追いつきたいKBC学園未来沖縄は、4番神里がヒットで出塁。ここで盗塁を試みた神里。その身体能力は宜保 翔に勝るとも劣らない神里の足が、相手バッテリーに少しの焦りを生んだか。悪送球も誘い神里は三塁へ。次打者の内野ゴロの間に神里が生還し同点とした。

 頼れる4番の鼓舞がナインにも伝わる。9回、一死二塁から2番嘉数塁がヒットで繋ぐと、3番喜多がプレッシャーに負けずスクイズを決めて三たび勝ち越し。これが決勝点となり、大会連覇を狙うKBC学園未来沖縄がシーソーゲームを制し2回戦へコマを進めた。

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
屋冨祖、古波藏のWエースが完封リレーで名護が勝利!1回戦を徹底レポート!【沖縄大会】 【ニュース - 高校野球関連】
名護vs名護商工【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
最強レフティー要する興南が最右翼!沖縄県の夏の展望を紹介! 【ニュース - コラム】
第922回 盤石の選手が揃う興南を倒すのはどこだ?!対抗馬・北山のブロックは実力校が続々登場!【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集コラム】
具志川商vs名護商工【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第764回 九州大会への出場2枠を目指す沖縄大会を、各ブロックごとに展望!【大会展望・総括コラム】
未来沖縄vs小禄【沖縄県 2018年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
第169回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.13「宜保翔、勝又温史」【ドラフト特集コラム】
美来工科vs未来沖縄【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
第707回 明日開幕!激戦必至のコザや興南など強豪校多数のC,Dブロック!【大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第713回 宜保 翔(KBC学園未来高校沖縄)強烈な個性と圧倒的努力で「やりたいことをやり切る」 【2018年インタビュー】
未来沖縄vs九州学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
名護 【高校別データ】
未来沖縄 【高校別データ】
第66回 沖縄県高等学校野球春季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る