2019年03月23日 アトムホーム宜野湾野球場

浦添商vs南風原

2019年春の大会 春季沖縄県大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

小柄なサウスポーが秋8強を牛耳る



完封勝利の浦添商・座覇

 1回裏、浦添商は1番呉屋。「ストレート1本に絞っていた。」ところ、真ん中やや高めの甘い球を見逃さず振り抜く。海風にも乗ったものの、フェンス高さが約2mもある宜野湾球場の、さらに一番深い左中間のスタンドまで飛んでいった。呉屋自身、高校野球初のホームランでチームが波に乗った。

  3回には、エラーの走者を犠打で進めて4番上之神。呉屋に負けじとレフトの横を襲うタイムリー二塁打で加点した。

 追加点が欲しい浦添商は7回、「ここで追加点を取れると大きいぞ。」とゲキを飛ばした宮城監督の期待に応える。一死から9番座覇がバントヒットで出塁。「いい意味で、彼の中での遊び感覚が出たバントヒット。」それに先輩も乗る。呉屋がレフト前で続くと2番新垣良もセンター前へ運ぶ3者連続ヒットで大きな2点を刻み込んだ。

 浦添商のマウンドを死守する小さな左腕は、まだ一年生ということもありさすがに終盤、スタミナ切れを迎えるも「もう少し頑張れば完投出来るから。」と自らを鼓舞しつつ終わってみれば被安打5、奪三振6の完封勝利。「座覇に尽きる559日振りの勝利。」と、長く勝てなかった宮城監督もようやく安堵したナイスゲームだった。

 敗れた南風原だが、秋8強の立役者であったエース金城大空が肘の故障で投げられない中、背番号9の左腕新垣が粘投。7回途中で降板も、6回まで許したヒットは僅かに3本のみ。その7回、リリーフに立った玉城も併殺に斬ってピンチを切り抜けるなど、全員でカバーする姿が印象的だった。来る夏、エース金城大空が復活したならば。昨秋に続く南風原旋風が、もう一度起こる可能性は大だ。

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
シード校以外にも注目!沖縄の春はどこが頂点に立つのか?【沖縄県大会展望】 【ニュース - コラム】
第847回 シード校も油断大敵!沖縄は春から熱戦の予感【大会展望・総括コラム】
春の沖縄を制するのはどこだ!?【春季沖縄県大会 組み合わせ結果】 【ニュース - 高校野球関連】
沖縄水産vs南風原【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第764回 九州大会への出場2枠を目指す沖縄大会を、各ブロックごとに展望!【大会展望・総括コラム】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第707回 明日開幕!激戦必至のコザや興南など強豪校多数のC,Dブロック!【大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第705回 開幕直前!年々レベルアップしている沖縄県を勝ち抜くのは?【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
前原vs南風原【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
浦添商vs知念【沖縄県 2017年夏の大会 第99回選手権沖縄大会】
浦添商vs美里【沖縄県 2017年春の大会 春季沖縄県大会】
知念vs浦添商【沖縄県 2016年秋の大会 第66回沖縄県高等学校野球秋季大会】
浦添商 【高校別データ】
南風原 【高校別データ】
第66回 沖縄県高等学校野球春季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る