2019年03月21日 宜野湾市立野球場

美来工科vs前原

2019年春の大会 春季沖縄県大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

落ち着き払った美来工科ナインが逆転に成功し勝利



勝利のグラブタッチをする金城&花城のバッテリー

 2回表、前原は一死一塁から7番黒田健太郎がレフト前ヒット。次打者の当たりはショートもエラーで満塁。9番石堂大地はサードゴロも相手悪送球の間に二者が生還した。

 トップに返って1番桑江勉広がフルカウントからレフト前へタイムリー。さらに畳みかけたい前原は、2番高嶺啓太のスクイズも成功し一挙4点を奪った。

 追う美来工科は3回裏、1番横田悠李のヒット後、相手のエラーで一・二塁。ここで3番金城綸人がレフト前へ運び横田が生還。その後満塁として6番當山鈴二郎にもレフト前へのタイムリーが生まれ反撃となる2点を返した。4回には二死二塁から3番金城綸のタイムリーで1点差に詰め寄る。

 5回裏が終わり、ベンチ内で眞玉橋監督のゲキを受けたナインは6回裏、追いつき逆転する。

 死球の走者を犠打で送り2番比嘉康二郎が期待に応えセンター前へ運ぶ。前原野手陣も二塁走者を刺そうと本塁へ送球するが、これがキャッチャーの頭上を越えバックネットまで転がる悪送球で同点。

 さらにここまでノーヒットの4番比嘉真大が、ベンチとナインの期待に応えライト前へ運ぶタイムリー。4点あったビハインドを遂にひっくり返した。その間、ナインの表情は変わらず、淡々と目の前の一つ一つをこなしていく姿が勝利を引き寄せたのだろう。

 エラーなどで失点した美来工科マウンドの花城拓人だったが、全く危なげなく9回を投げ切り勝利。自責点はゼロ。打者から見てタイミングが取りづらく、打ちにくそうなフォームから投げるサイドスローが、今後のベンチの信頼を勝ち得たといっていいピッチングだった。

 敗れた前原だが、ナインみんなが野球を楽しんでいる表情が印象的だった。この3月で離任する大川監督へ、勝利をプレゼントするぞという熱い気迫も伝わっていた。この日は美来工科・花城の前に完敗だったが、投打ともに課題を克服し来る夏、より成長した姿を見せてほしいと願う。

(文・写真=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第47回沖縄県高校野球部対抗競技会 総合優勝は興南高校! 【ニュース - その他】
第806回 枢軸4人組を中心に見事チームを成長させ続けた沖縄水産が14年振りの優勝! 【大会展望・総括コラム】
粘りの野球で3回戦突破!美来工科vs美里工の試合を徹底レポート【秋季沖縄大会】 【ニュース - 高校野球関連】
美来工科vs美里工【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第764回 九州大会への出場2枠を目指す沖縄大会を、各ブロックごとに展望!【大会展望・総括コラム】
糸満vs美来工科【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
美来工科vs未来沖縄【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
美来工科vs那覇工【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
第705回 開幕直前!年々レベルアップしている沖縄県を勝ち抜くのは?【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第82回 全国制覇経験のある興南と沖縄尚学の完全2強、中部商や美里工も台頭【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
コザvs美来工科【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
前原 【高校別データ】
美来工科 【高校別データ】
第66回 沖縄県高等学校野球春季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る