2018年10月01日 コザしんきんスタジアム

沖縄尚学vs具志川商

2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

沖縄尚学が快勝!



初回、タイムリーを放つ水谷

 沖縄尚学は初回、この秋はじめて1番に座った神里がセンターを襲う二塁打で出塁。その後二死となったが「昨年の知念 大成より上」と、比嘉監督が絶大な信頼を寄せる4番水谷が期待に応えるセンター前タイムリーて先制する。2回には二死から8番岡野が内野安打で出ると、仲村渠がセンター前へ運びチャンスを広げる。四球を挟んで満塁とすると、この秋打撃好調の2番吉里がセンター前へ抜けようかという当たり。これを具志川商ショート新里が上手く飛び込んでグラブの中に入れたが、無常にもボールが溢れてしまい内野安打タイムリー。その後押し出し四球で2点を加えた。

  沖縄尚学は3回、一死からライト前ヒットの山下を置いて岡野がレフトの頭を越えるタイムリー二塁打で加点。4回には奥原のタイムリーなどで3点、5回にも水谷の犠牲フライなどで2点。6回は吉里の2点タイムリー二塁打が飛び出し11点目。7回コールドで優勝した昨年以来となる準決勝進出を決めた。投げては先発の仲村渠が被安打6。最少失点に抑えた。

 敗れた具志川商は、これまでの3試合で25得点を叩き出した打線が相手の脅威となってきた。その間のチーム打率は.371。新人中央大会で3位に入ったのは実力だったと改めて知らしめた秋となった。来春、さらなる向上を図った姿でリベンジを果たしてもらいたい。

 

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東浜巨、島袋洋奨、宮城大弥など、定期的にヒーローを生み出す沖縄高校野球 【ニュース - コラム】
第2回 東浜巨、島袋洋奨、宮城大弥など大人も憧れるヒーローが続々と生まれる沖縄【沖縄の高校野球】
沖縄では高校野球が頂点?小さな島国からプロ野球選手を輩出し続けられる理由vol.1 【ニュース - コラム】
第1回 高校野球が頂点?小さな島国からプロ野球選手を輩出し続ける沖縄の野球vol.1【沖縄の高校野球】
第616回 「興南に来て、本当に良かった」人生のスコアボードは、まだまだ続く 興南高校三年生座談会【後編】【野球部訪問】
興南vs具志川商【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第615回 「色褪せない3年間の記憶」一番良いゲームだった沖縄尚学戦 興南高校三年生座談会【野球部訪問】
習志野vs沖縄尚学【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第953回 大会4日目は選抜準優勝の習志野が登場!すべて実力校対決の4日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
与勝vs具志川商【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
第874回 目指すは高校通算50本塁打!名将・比嘉 公也も認めるすば抜けたポテンシャル 水谷留佳(沖縄尚学) 【2019年インタビュー】
具志川商vs名護商工【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
第204回 【侍ジャパン18U代表】沖縄尚学高等学校 山城 大智選手 【2014年インタビュー】
沖縄尚学 【高校別データ】
具志川商 【高校別データ】
第68回沖縄県高等学校野球秋季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る