2018年10月02日 コザしんきんスタジアム

沖縄水産vs南風原

2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

1イニングで試合を決めた沖縄水産



バントヒットを重ねる沖縄水産(上原大)

  沖縄水産は2回、一死から四球を得ると平安が三塁線に転がす絶妙なバントヒット。続く瀬長もセーフティ気味のバントを試みるがファールで失敗。しかしツーストライク後、ヒッティングに切り替えて見事先制のタイムリー。9番金良もバントヒットスクイズで2点目。さらに1番上原大もバントヒットを決めて満塁とした。

  「上に行くためには、相手の嫌がることを出来るかどうか。」沖縄水産上原監督の采配に十分応えた打撃陣。南風原野手陣にとっては、まるで無限ループのような感覚だったかも知れない。次打者のセカンドゴロの間に3点目を奪うと、上原一がレフトの頭上を襲う目の覚めるような2点タイムリー三塁打。真栄城も、負けじと続けとばかりにレフトへ同じような三塁打を放ち6点目。國吉にもタイムリーが出て大量7点をボードに刻んだ。

  3回は金良のタイムリー、5回にも上原大のタイムリーと、上原一のコールドとなる10点目のタイムリーで勝利。投げては右腕國吉が10人を投げ無安打。上原一は4本のヒットを許したが無四球。初戦からの4試合で失点僅か1。沖縄水産が、昨年に続くベスト4進出を決めた。

  敗れた南風原だが、これまでの3試合で全て二桁安打をマーク。ベスト8進出の壁を6年振りにこじ開けたことは、十分自信となったことだろう。「今のは良いボールだ!」「よしよし、ナイスカット!」という、前向きな言葉でナインを鼓舞し続けた前川部長を中心としたベンチの明るさも武器のひとつ。この冬、もうひと伸びした姿を来年の春、見せてもらいたい。

 

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
興南vs沖縄水産【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
興南が沖縄水産を下し優勝!宮城大弥の活躍光る!【春季沖縄県大会結果】 【ニュース - 高校野球関連】
決勝は沖縄水産vs興南!秋の県大会決勝と同じ顔合わせ!【春季沖縄県大会結果】 【ニュース - 高校野球関連】
沖縄水産vs普天間【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
浦添商vs南風原【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
啓新vs生光学園・池田【2019年 練習試合(交流試合)・春】
松山聖陵vs沖縄水産【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第847回 シード校も油断大敵!沖縄は春から熱戦の予感【大会展望・総括コラム】
第880回 急成長を見せる期待の140キロ一年生コンビ!古波藏 悠悟・石川 愛斗(沖縄水産) 【2019年インタビュー】
第540回 「新生・沖縄水産」は競争と心の成長で甲子園まで駆け上がる!沖縄水産(沖縄)【後編】【野球部訪問】
第880回 沖縄水産が誇る注目の二遊間の課題!上原 大那・川端 琉一朗 【2019年インタビュー】
第876回 投手として打者として活躍目指す上原 一帆(沖縄水産)のレベルアップの冬【後編】 【2019年インタビュー】
第879回 自他ともに認めるスローイング・金良キャノンに注目! 金良 涼介(沖縄水産) 【2019年インタビュー】
第78回 名門復活を陰で支える女子マネージャーたち 強みは「パワフルさ」と「細やかさ」沖縄水産(沖縄)【頑張る!マネージャー】
第875回 笑顔あふれる野球小僧・上原 一帆(沖縄水産)の魅力は考える力【前編】 【2019年インタビュー】
第536回 上原流の柔軟な指導方針がチームに変革をもたらす!沖縄水産(沖縄)【前編】【野球部訪問】
沖縄水産 【高校別データ】
南風原 【高校別データ】
第68回沖縄県高等学校野球秋季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る