2018年09月15日 コザしんきんスタジアム

南部工vs美里

2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

我慢してきた7回、5番の一打で息を吹き返し一挙5得点



高嶺(南部工)

 先制したのは美里。先頭の赤嶺がライトへの二塁打を放つと比嘉のセカンドゴロで三塁へ。ここで3番上門がセンター前へ運び赤嶺が生還した。追う南部工は2回、二死から玉井がレフトへツーベースヒット。続く伊集もレフト前ヒットで一・三塁とするも、美里先発新里の粘りの前に得点出来ず。3回、2番志喜屋がライト前ヒットで出塁する。死球後、4番平良がしぶとく三遊間を抜くタイムリーヒットで同点に追いついた、だが4回の、二死二・三塁をものに出来ず、5回にも先頭打者が四球を選んだが併殺と流れが来ず、南部工は我慢の野球を強いられる。

 しかし7回、ついに上位打線が繋がりだす。一死から1番山入端がライト前ヒット。続く志喜屋がバントヒットを決めると3番喜納もセンター前へ運び満塁。ここで4番平良が打席へ。思い切り引っ張った打球だったがサード真正面。本塁へのフォースアウトで二死満塁へと変わる。ここで無得点なら「またか」という嫌な空気が流れてしまいそうな場面を5番高嶺が振り払う。打球はレフトの前へ。二塁走者も一気に本塁へ。これを阻止しようとした美里野手陣だったが送球が逸れてしまう。その間に一塁走者も本塁へ。大きな3点が南部工のボードに刻まれた。さらに相手のエラーのあと、玉井がこの日3安打目となるとどめの二塁打を放ち5点目が入った。

 南部工先発の大城帆は、被安打5奪三振7と試合を作り8回でお役御免の好ピッチング。打線もエースも我慢し続けて実った終盤の攻撃が、次戦以降の戦いにきっと繋がることだろう。

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
知念vs美里工【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
美来工科vs美里工【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
23安打の乱打戦を制した宜野湾が三回戦へ!二回戦2試合を徹底レポート!【秋季沖縄大会】 【ニュース - 高校野球関連】
具志川商vs美里工【沖縄県 2018年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
北山vs南部工【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
八重山vs美里工【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
第705回 開幕直前!年々レベルアップしている沖縄県を勝ち抜くのは?【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
21日開幕!!沖縄県の見どころをブロック毎にチェック!【後編】 【ニュース - コラム】
第630回 21日開幕!!沖縄尚学、沖縄水産を追う学校は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第223回 【秋季沖縄県大会】美里工vs八重山商工など激戦ブロックも!夏甲子園ベスト8入りの興南を阻むのは?【大会展望・総括コラム】
南部工 【高校別データ】
美里 【高校別データ】
第68回沖縄県高等学校野球秋季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る