2018年03月31日 北谷公園野球場

コザvs美来工科

2018年春の大会 春季沖縄県大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

1点を争う好ゲーム。3連続犠打の小技で決勝点



生還した中村を迎えるコザナイン

  「向こうが外す、という気配が無かった」。コザ嘉陽監督の読みに屋我がキッチリ答えたスクイズが決勝点となった。

下位打線の集中打と4番のスクイズ。そしてエースの快投で4強へ

  先制したのは美来工科。2回、一死一塁からコザバッテリーがパスボール。ここで一塁走者の比嘉真大が一気に三塁を陥れる好走塁。その後四球を挟み、7番比嘉 竜聖がライトの横を襲う2点タイムリー二塁打。打と走で魅せる美来工科は続く3回、比嘉元彌が二塁打を放つと次打者のライトフライの間に三塁へ。さらにショートゴロもスタート良く本塁を奪い1点を加えた。

  追うコザは4回、一死から3番大城周人がセンター前へ。中村壮もレフト前へ運び一・三塁。四球で満塁と押せ押せムードの中、平田洸大がライト前へ。二者が生還すると続く比嘉瑛斗にもレフト前へのタイムリーが生まれる。四球を挟んでの四者連続出塁で同点に追い付いた。

  5,6,7回は両軍ゼロが続いたが8回、コザは1番の田中 大聖がレフト前ヒットで出塁。大城 大空は犠打も美来工科は二塁へ送球。際どかったが田中の走塁技術が上回る。美来工科にとっては痛い痛いフィルダースチョイスとなった。続く打者は、ここまで2安打と打撃好調の大城周と、ノーヒットの屋我平之佑。だがコザベンチに迷いはない。犠打で二・三塁と進めて4番の屋我への3球目。「僕はどちらかと言えば、三塁方向への犠打が得意。そこにインコースが来たので。」屋我にとって、おあつらえ向きのボールが彼の緊張感を和らげる。完璧なスクイズで三塁から田中が雄叫びを上げて生還。

  投げては護得久 廉が2回途中から登板。3回に失点したものの、4回から美来工科打線に的を絞らせない見事なピッチング。冬のケガで走り込みが足らず、背番号11にて望んだ今大会だが、自他共に認めるエース。「生命線のストレートのキレが良かったので、チェンジアップも有効だった。」と護得久。9奪三振の快投で、同校を4年振りのベスト4へと導いた。

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第22回 コザ(沖縄) ”きょうそう”で再び聖地へ【冬が僕らを強くする2021】
140キロの剛腕擁するコザの冬場の取り組みに迫る! 【ニュース - コラム】
沖縄電力の最速149キロ右腕・内間 敦也(コザ出身)が横浜DeNA相手に2奪三振の快投! 【ニュース - 高校野球関連】
美来工科vs南部工【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
コザvs宮古【沖縄県 2019年 第44回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
本部vs美来工科【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
美来工科vs具志川【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
日大三vs美来工科【2019年 練習試合(交流試合)・春】
コザ 【高校別データ】
美来工科 【高校別データ】
第65回沖縄県高等学校野球春季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る